« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

あっと言う間の大晦日

 何となく、年末だな~~と思っていたら、今日はもう大晦日。江戸時代だと借金取りやら、掛け売りの回収やらで、落語的に大騒ぎの日なのであるが、、、、借金は無いので安心して過ごせる本日である。

 正月用意と言えば、大掃除やらおせち料理やらであるが、奥様は慌ただしくされているが、私は何だかノンビリト。上の娘なぞは、10時になろうと言うのにまだ寝ている。まあ、休みだからイイか。

 今年の反省と来年の抱負、目標を考えるべき日なのであるが、、、、、。

 今年の反省、体重年内に80Kgを切ろうとしていたのだが(ダイエット)、昨日は80.1Kg、本日は80.7Kg。どうしても80Kgを切る事ができなかった。もう少しであるが、、、、、、残念。来年、一月中には79Kg台に早く入って、、、、、、バイクの限定解除免許取得に乗り出したいものである。

 さらに反省項目。勉強する時間を余り持てなかった。中小企業診断士の勉強を始めたいと考えていたのだが、、、、、赤ワインがいけない。テレビとアルコールは時間を奪う。テレビは物理的に購入していないので、単身赴任先ではOKなのだが、アルコール=最近は赤ワインはいけない。つい飲んでしまう。困ったもんだ。ダイエットとともに、反省点である。

 反省、恥も色々あるのだが、この際である、全部許そう。斎藤一人サン的には許すことが大切らしい。まあ、反省ばかりしても進まない。

 来年の抱負であるが、一番はダイエット、二番はバイクの免許、三番は勉強かな?ヨガは継続で来ているし、水泳を始めると言うのもいいし、、、、、、。仕事もそつなくこなし、新しい事も始めたい。色々やりたいこと、やるべきこと、沢山あるのだが、、、、やっぱり絞っていかないと。あと、やらないことを決めないとね。

 ウサギ年、為替が2月に入ると70円台に入り、さらに円高が進むと思うのだが、、、、それに伴って株価の低迷、そして中国元の切上げによる中国の経済成長率の鈍化、、、、、、そんな事が予想できる。さらに、アメリカのメガバンクの経営危機による二番底の懸念の増大、実態経済とギャンブル資本主義の摩擦。何だか非常に見通しの立たない年になりそうな予感。

 飛躍の年にしたいのだが、、、、、、、、。まずは、自分の体重=健康と家族の健康。どうあろうと、まずは自分が元気でないと、危機だろうが何だろうが乗り越えられない。

 そんなことを、あれこれと考えている大晦日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中間的存在のソファ

 自宅にはソファがある。家具の中で一番高い存在。上の娘が幼児の時に購入したから、かれこれ16年以上か?そんなお気に入りのソファがある。

 さて、単身赴任先のアパートにはソファが無い。ついでにテレビも無い。ソファは寝る前の一時的な、中間的くつろぎの場でもある。中間的ソファは、今の単身赴任先でも必要を感じる。テーブルと椅子、そしてベット。その中間的存在がヤッパリ必要。人生にはくつろぎの場が必要。

 ソファ(カウチ)で寝るもよし、うたた寝もよし。しかし、ベットや布団に行って、本格的に寝るのはどうか?そんな中間的、宙ぶらりんな時間、空間が一番の幸せなのかも知れない。

 ソファの存在が実はかなり恋しいのかも?ごろっと横になれる空間。それが、現代ではソファなのかも。昔なら、畳だったのかも?いずれにしても、ソファはどの時点かで、手に入れたい物の一つである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの現在を考える4

2010年12月26日 日曜日

 最近読んだ本で、「超マクロ展望 世界経済の真実」 水野和夫・萱野稔人 集英社新書 がある。実に興味深い書籍である。資本主義社会のこれまでの変遷を覇権と言う視点と金利と言う視点で捉えている。金融工学を駆使した金融マーケットの発展を実態経済との乖離によるバブルの創生と崩壊の理由など、結構納得させられる話が多かった。ぜひ、一度読んでみれれると面白書籍である。

 さて、アメリカの現在に関して。

Usa  10%弱で張り付いたままのアメリカの失業率。このグラフから言えるのは、まだ、まだ失業率が増える可能性は高いということ。2011年年明け早々には、クリスマス商戦がどうであったかが明らかになるが、一部では3Dテレビは在庫の山と言う話が出回っている。
 私の危惧するとことでは、バンク・オブ・アメリカの経営危機が表面化して、リーマンショックのような金融危機が発生し、実態経済も毀損するのえでゃないか?と言うこと。アメリカは基軸通貨と言うこともあり、US$札を刷りまくっているが、さらに刷り、そして世界中にインフレを発生させるのではないか?と考えている。
 ひとつの山は2011年2月かな?と思われる。

 1931年の世界恐慌は二番底になるのに3年かかった。2008年9月に発生した恐慌第一フェーズは2011年に第二フェーズに進むか、否かが鍵となる。歴史は繰り返す?かもしれない。
 現在、日本は家電エコポイントで11月一杯の先食いが発生したが、これから家電はどうなるのか?この売れ行きに注目したい。
 世界中で失業率が高まり、パソコンが売れない状態が続く。そしてPCのクラウド化により、ハイスペックなPCは必要なくなり、ネットと高速でつながることが重要となる。そうなると、DRAMはだぶついたまま、、、、、、DRAMの値段が戻らないと、サムソン(韓国)、ハイニックス(韓国)、エルピーダ(日本)、台湾各社の収益は悪化し、設備投資が無くなる。現になくなりつつある。
 唯一、2015年にチデジ化する中国の液晶テレビ需要は期待される。とにかく、液晶パネル生産投資が盛んになるので、これに期待したいが、これだけでは、、、、、、なかなか厳しい。

 ハイブリッド車、電気自動車、車輌、LED、有機EL、スマートグリド、太陽電池、太陽光発電、風力発電、潮力発電、地熱発電などのエコな分野の成長も期待される。結局、成長分野に何らかの形で関わり、自らを変化させていくしか、生き残ることはできない。
 それにしても、エライ変化の激しい時代に生きていることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

そうか、クリスマスだったんだ

 本日はクリスマスだったんだ。何か忘れていた感じがする。

Sn3k0046  家内と下の娘のコメントが入ったクリスマスカードが届きました。

 うれしい限りです。何とも、あったかくなるカードでした。

 ついでに、本日は銭湯に行ってきました。いつも行くご近所ではなく、自転車で10分ぐらいこいで行く銭湯で、以前からたまに使っていた「だいちゃん湯」です。

 娘さんが番台をしていたのは驚きですが、銭湯はあったまりますね。帰ってきて、まだ暖かい。石油ファンヒーターの温度計は14℃を指していますが、寒くない。温泉もたまにはいいですが、近場の銭湯もいいですね。

 そうそう、テニス教室なるものに通うこととしました。毎週火曜日、1月11日~3月15日 19:00~21:00 全十回 1500円。アリーナ内で行うようです。20日から募集していたのですが、25日の昼過ぎで37番目の申し込みでした。とにかく、やりたいことは、ドンドンやっていく。やってみて、あわないなら、その時修正する。そんな感じで始めます。

 アリーナまで申し込みに行って、図書館に寄って、100円ショップで収納かごを購入。Mr Maxで台所で使用する秤を購入。998円でした。安いな、なんでも。パンも焼き始めようと考えています。

 そんなことして、帰ってくると、4時過ぎて、本など読んでいたら、あっという間に暗くなり、夕食、そして銭湯。そんな、何とも言えず、のんびりした一日でした。クリスマスにふさわしく、寒さは厳しくなりましたが、実に平和な一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育と教えること

 教育を考えると、自分が学ぶことよりも、「子供の教育」や「社内教育」など外に向かって教えることに目が行ってしまう年齢になりました。やっぱり、これは「ジジイ」になりつつあるからだろうか?などと考えてしまう。

 自分で学ぶことは結構多いのだが、、、、、日々学びと行っても過言ではない。しかし、最近考えるのは、「人は学ぶことも才能の一つなんだろうか?」と考えてしまう。

 学ぶチャンスはいくつになっても在るわけだが、残念ながら、それを重要と考えて、その学ぶ時間を人生の時間から切り出すことができるか?これはやはり、才能だろうか?

 釣り、スポーツなどの趣味に時間を割くのと同じように、学ぶことに時間を割く、これができる人とできない人がいるんだと、最近思い知らされる。

 全くもって、読めば分かると思う内容も、それは自分の価値観であり、読もうとしない人も多い。さらに、自分の子供に物を教えるのは、まして学校の勉強を教えるのは、実に困難。親への反発含めて、とても教わろうとはしない。何とも、いやはや。

 自分の子供ですら、そうであるのだから、まして、他人に教えるのも、これまた困難。自ら教えてくれと頼まれるなら、やりやすいが、実際は学んで欲しいというこちらの欲求が大きい場合がある。自分の事は棚上げにして、、、、、、人に要求を多く出す、そんな自分の中の声も聞こえてくるし。

 学校の先生の情熱と言うのは、どうして沸き起こるのか?以前、社内用の新入社員向け勉強会資料を作成したが、、、、、、、なんだかそれを更新する意欲も最近無くなり、、、、、ども情熱が冷めている状態が、今なのかも。

 さて、まずは自分で学ぶことを優先して考えよう。まずは、自分を見つめなおすことをこの正月休みの課題としよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末ですね、しかもクリスマスイブ

 いつもならクリスマスイブは取り敢えず、外で会食(仕事)が無い限りは、自宅でケーキが出たのであるが、、、、、、。そて、単身赴任の独り暮らしでは、ケーキは無いな、、、、、。本日は、ムサイ男性ばかり集まって、ちょっとした鍋を。しかしな~なんかトキメカナイナ。

 それなりに忙しく、慌しい年末が過ぎていくが、しかし、困ったことに、年末といった感じがしない。太陽さえ顔を出せば、かなり暖かい。実にいい日和である。とても、寒さに凍える冬といった感じではなく、小春日和。

 これから徐々に日も長くなり、春に向かうのですが。それでも、何でも、年末といった感じがしないのは、年齢のせいだろうか?それとも世相がそうなのだろうか?

 年末だからと言って、何か特別な、、、、例えば借金取りが押しかけるような、落語の世界があるわけで無し、、、、、、そうか、餅つきでもすれば気分が盛り上がるかも?しかし、年がら年中、お持ちは真空パックした美味しいお持ちがスーパーで手に入るし、、、、、、、。

 何だか、クリスマス、年末、お正月を自分の中で消化できないで困っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢部米は美味しい

 九州に転勤になってから、自宅では矢部米を炊いています。矢部米とは熊本の矢部に産するお米だそうで、スーパーで見つけて、食べています。先日までは無洗米の矢部米2Kg@740?を食べていたのですが、底をつき、5Kg=@1540を本日購入。これが美味しい。品種はヒノヒカリ。なかなか、美味しいので、自宅に購入して、持って帰ろうか?と思うのだが、、、、、重いな。

Sn3k0039 12月21日の夕食。

マーボー豆腐を作ってみました。CookDoのインスタント。辛口。塩っぱくて、美味しくなかった。塩が効き過ぎているのは、いかがなものかと、、、、、、。カシワお握り、筑前煮、ヒレカツ1枚、団子のフライ一串、キャベツサラダ。

Sn3k0040 12月22日の夕食。購入惣菜の鯛の刺身、筑前煮、サラダ菜とトマト、納豆に昆布の佃煮、そしてお気に入りの矢部米(冷凍)。

Sn3k0041 本日の夕食、秋刀魚の塩焼き、エノキとアスパラのバター炒め、大根のピリ辛煮(朝一番で作った)、筑前煮少々、阿蘇高菜のごま油炒め(自作)、沖縄産のモズク、本日炊いた矢部米。

 

 お皿のバリエーションは無いので、毎回同じようなお皿と器。角皿ぐらいが欲しいところではあるが、、、、、、自分で作りたい所ではあるのだが、、、、、現在陶芸休止中。毎日が早く過ぎていく。よく考えると、千葉の自宅にいた時は料理はしないし、休みの日にしか食器洗いはしないし、掃除も休日のみ。洗濯などは家内任せ。まして、自宅で夕食を取るのは週末だけ、、、、、。仕事付けの生活。仕事といいながら、外に出ずっぱりの生活。これではダイエットも、趣味もあったものではない。

 今は、通勤自転車で10分、朝、夕食は基本自炊。野菜一杯取る生活。昼は、サラダの弁当とレトルト(300Kcalぐらいの)。夕方にはお腹が空くのである。チョット健全な生活。基本、料理は好き、そして、テレビの無い生活はなかなか快適。こんな生活が気に入り出している。そろそろ、水耕栽培実験を再開しようかと考えている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬至にはゆずのお風呂

 相変わらず、テレビの無い生活が続いています。それでも今日は冬至と言う事は認識しております。

 と、言うことで、本日は夕食前に銭湯に行って参りました。体がポカポカ温まり、2時間程度経った今でも、結構暖かい。なかなかいいですね、銭湯も。ちなみに料金は350円です。

 本当は温泉がいいのでしょうが、温泉まで自転車(現在、足は徒歩と自転車と公共機関)で行くと、チョット大変。一番近い温泉でも30分程度は掛かります。

 冬至、かぼちゃを食べれなかったのが残念。結構豪勢な夕食をいただきましたが、かぼちゃ無しで過ごしました。それが、チョッピリ残念。

 今日、水晶などを加工する加工屋の社長が来社。色々話していたけど、日本に物造りが残らないと意見で一致。ホント厳しい。少し量産=1万のオーダー/月になると、中国他、人件費が圧倒的に安価な地域で造った方が安価。それは、そうでしょう。TPPなど議論してますが、これで人の移動まで自由化されると、、、、、、ホントどうなるのでしょうね?

 来社された社長は、加工業が大変厳しいが、成り立ている間に、農業=水耕栽培でも始めようかと考えていて、実験を進めているとのこと。そうだよな、、、工業的加工業は日本には残らないよね、、、、、。結局、物造りができなくなったから、アメリカは金融立国に走ったわけだよね。日本がそうならない分けは無いか?

 物造りにポジションを置いている身としては、何とか日本に残ってもらいたいと思うのだが、、、、、、、どうしたものだか。今の若い人の就職先が無いのは、物造り=メーカーが外国で造りだしたのも大きな要因である。まあ、その他の要因としては、団塊の世代の退職が遅くなったからではありますが、、、、、、、、。

 色々考え出すと、厳しすぎて、、、、、物造りはどうなってしまうのだろうか?この点もここで考えてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の政治は?

 菅首相と小沢元幹事長との間で会談が持たれたとの報道。正直、アホくさくて、アホくさくて、、、、、、、、。結果が分かっているパフォーマンス。

 菅首相は、とにかく国会を運営したい。その為には公明党との連立が必要。で、小沢元幹事長の首を差し出して、何とかならないかの?の国会運営。

 見えすぎ、見え見え。余りに稚拙で、何とも言いがた。庶民派の菅首相、違う、庶民そのものの菅首相。何も考えていない、、、、、、、余りに幼稚で、稚拙な首相。多分ブレインが居ないのだろうと思われる。

 これらの扱いは、マスコミが喜びそうな話し。実に情けないのであるが、そうはマスコミは書かない。小沢=政治と金の問題と言う、アメリカが実に喜ぶ図式でしか語らない。これって、アメリカの手先過ぎない?今に始まった話ではないか?

 あまりにクダラナイニュースなので、テレビを持たない私は、ある意味幸せか?ネットは繋がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕食の撮影;

Sn3k0034 12日の夕食;モツ鍋(冷凍)、カボチャ焼き、筑前煮、エノキ焼き、大根のキンピラ風

Sn3k003513日の夕食、コロッケ(惣菜)、納豆、筑前煮、大根のキンピラ風、カボチャ焼き、トマト煮、

Sn3k0036_2 16日の夕食、冷凍餃子=王将、豚チャップ風野菜炒め(得意料理)、モズク、味噌汁。

Sn3k0037

19日の晩御飯、さばの明太子焼き、サラダ、コロッケ(惣菜)、大根の煮物、筑前煮、昆布シソの佃煮。

夕食の撮影は最初はチョット面白かったが、、、、、、イマイチ、飽きてきた感じ。

まあ、それでももう少し続けようか?まだ、目標の80Kgを切れない。何とか年内にもう1.3Kg何とかしたいのだが、、、、、、。難しいな~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの現在を考える3

2010年12月19日

 ニューヨーク株=ダウ平均株価が好調。日経株も釣られてか少し上がり調子。為替もこのところ83円/$前後で動いている。そういう意味では薄日がさしてきた感じであるが、、、、、、、、。北朝鮮のことと言い、バンカメの動向と言い、どうもきな臭い。

 アメリカのクリスマス商戦が好調だと日本のマスコミは報道している。しかし失業率が相変わらず高いことは報道され難い。いいことばかりが報道される。果たして、、、、。

 さて、アメリカの圧倒的な軍事力は、軍事力としてもすごいが、ビジネスとしても大変な競争力を持っている。日本、韓国、台湾、サウジアラビアなどが大きな顧客であるが、それ以外の国にも輸出している。圧倒的に強い軍事力は輸出産業でもある。

 核の削減は遅々として進まないが、圧倒的な軍事力はより強くなりつつある。軍事力は脅威であり、威圧力もすごい。日本などアメリカに第二次世界大戦で痛い目にあったので、かなり応えている。イギリスは海を制して世界覇権を確立した(基軸通貨を得た=ポンド)。その後アメリカは空を制することで、覇権の交代を行い、基軸通貨である地位を確立している。この覇権を確立する大きな要素は軍事力である。

 軍事力と基軸通貨、世界覇権は切っても切れない関係にある。アメリカが世界中に借金をしながら、基軸通貨としての地位を確保できているのは、この強大な軍事力があるからである。軍事力抜きには、この地位は確立されていない。

 イラク戦争、アフガニスタン戦争も、実は基軸通貨の地位を守る戦いである可能性が高い。イラクのフセインは「今後、通貨決済はユーロで行う」と言う、アメリカ離れを宣言した為に、アメリカから痛い目に合わされた。基軸通貨としての地位の確保はアメリカにとっての生命線であり、それを守る為の強大な軍事力と言える。

 アメリカの凋落は進むが、極端に落ちぶれることもない。この強大な、圧倒的な軍事力がある限り、簡単には落ちぶれたりしない。とは、言っても、金融=虚業がガタガタであり、他に儲ける産業がないのが今のアメリカであり、さて、これから先、どうなるのか?誰にも分からない話である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週12月13日~17日の動向

2010年12月13日~17日の動向 13日月曜

  14日火曜 顧客と会食

 15日水曜 顧客でもあり業者でもある会社と会食

 16日木曜 AM、PMとも来客

 17日金曜 熊本天草まで車で往復、忘年会に参加

 3日は外で会食。と、言う事で体重は今週減らず。81.3Kgのまま。年内に80Kgを切るのはかなり困難になりつつある。今日=土曜も佐賀の友人の所に行って、焼肉食べる予定。

 それにしても、DRAMの値下がりが止まらない。そして、投資は凍結。 PCの「クラウド」化でハイスペックのPCはいらなくなりつつある。とにかくネットに高速でつながっていれば、大抵のことはできる世の中。 DRAMもフラッシュも、、、、、。ハードディスク(HDD)はテレビの録画用、、、、、、。

 さて、この先どんな事が待ち受けているのか? なかなか予想するのは難しい。 2015年に中国チデジ化の話題はあるが、別の機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの現在を考える2

2010年12月13日

 アメリカと日本の国債の大きな違いは、日本の国債は日本人の預貯金から出ている。アメリカの国民は預貯金を余り持っていない。リーマンショックの前は、預金と借金だと、借金の方が多かった。日本は預金が多く、その預金は郵便局(今では郵貯銀行)や銀行などにあり、その郵貯銀行や通常銀行の運用先として日本国債がある。これで95%以上がまかなわれている。つまり、日本の預貯金がある間は、日本国債を購入することができる⇒破綻(デフォルト)しない。
 
 ところが、アメリカは国民の預金も無く、買ってくれる外国(中国、日本、サウジアラビア、etc.)も無く、現在は中央銀行=FRBが買い入れている。これは、根拠の無いドル札の印刷で、どんどん増えれば、US$の価値は下がり、インフレになる。
 
 と、言うことで、どこまでアメリカの借金=国債発行は伸びるのか?日本の借金は900兆円、アメリカの国債発行残高は14兆ドル=1200兆円。日本の国債と違い、10年ものアメリカ国債の金利は3.32%(2010年12月11日現在)と高い。日本の国債は1%前後。
 
 借金が多ければ、多いほど、さらに金利が高ければ高いほど、借金の返済は大変である。(そんなの当たり前と言う声が聞こえてきそうだが、、、、、、、)従って、アメリカの国債償還=返済は大変である。しかし、世界最大の軍事力と、そして基軸通貨と言う地位があるので、ある程度の借金は、平気である(=本当か?)らしい。しかし、その「ある程度」と言う限界はどの辺りだろうか?14兆ドルを越えて、どの辺りで、皆が=世界中が騒ぎ出すのか?

 それから、アメリカはここ20年ぐらいズーと貿易赤字である。輸入が多くて、輸出が少ない。バランスが悪いまま、、、、、、これも基軸通貨の地位がなせる業。

 さて、こんな記事があった。

【ニューヨーク=小谷野太郎】米財務省は10日、保有していた米金融大手シティグループ株の残りの24億株を売却し、約105億ドル(約8820億円)を回収したと発表した。

 今回の売却で、シティは公的資金を全額返済したことになり、公的管理を脱するが、米財務省は株式取得権(ワラント)を継続保有する。

 米財務省は2008年秋の金融危機後、シティに総額450億ドル(約3兆7800億円)の公的資金を注入した。融資の返済や保有株の売却、配当などで計570億ドルを受け取り、利益は少なくとも約120億ドル(約1兆円)に達するとしている。

 同省は、「納税者への利益を確保すると同時に、予想以上に早い回収ができた」との声明を出し、シティ救済の正当性を強調した。 .最終更新:12月11日(土)11時40分 YOMIURI ONLINE

 何だかきな臭い。保有していた株の売却で返済、、、、、、株価だって操作されている話だし、、、、、どうも自作自演の感じがするのだが。

 さらに、視点を変えて、見ていこう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月6日~11日の師走食事日記

 宿泊の出張もしないで、毎日会社に通っていました。これと言って忙しいわけではないのだが、それでも一日が過ぎるのは実に早い。まだ、転勤引越しの片づけをしながら、仕事している。

Sn3k0017_26日の晩御飯。豚肉と野菜炒めですね。

Sn3k0021 7日の夕食。お刺身ですね。

8日は北九州で会食してました。

Sn3k0025 9日は約12年前には毎日通っていたスーパーのお惣菜コロッケ。下の娘が、乳母車から手を伸ばして、コロッケを手づかみで食べようとしていた、1歳ぐらいの赤ん坊なのに、、、、、、そんな思い出のお惣菜。赤飯もいただきました。

Sn3k0027 10日の夕食。明太サバと言うのがあり、思わずそれを買っていただきました。焼いたのは自分で。中央の黒いのはモズク。

Sn3k0032 11日の夕食。朝からお惣菜を作ってみました。タメシテガッテンの番組雑誌で冷凍野菜の特集編があり、それを参考にして、カボチャ、大根の煮物、筑前煮、味噌汁はインスタント(朝げ)です。

Sn3k0029 11日の昼食が驚きでした。だいたいのうどんの値段が270円。私はカレーうどんをいただきました。(場所は柳川です。)おにぎりが2ヶと昆布の佃煮が少々あって、80円とはこれイカに?よくこの値段でやっていけるよね?

Sn3k0030 ちょこっと食べかけだけど、いただいたカレーうどん。特別美味しかったわけではないが、ボリュームは大したものでした。お腹一杯になりました。カルチャーショック。安いだけあって、お昼時は一杯で並ばないと食べれませんでした。土曜日だから特別多いと言うわけではないそうです。

そんな食生活の週でした。今朝体重計に乗ってみると、81.3Kg。あと1.3Kgを今年中に減らしたい。その為には、極力外食をしない生活を心がけないと。そんな毎日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の食事記録

 本日2010年12月5日 は色々細かな惣菜を料理。きんぴら=一味唐辛子で辛すぎの味付け、大根の千切り煮物、カボチャの煮物。

 お昼ごはんは、お好み焼き。夕方にはかなりお腹が減るメニュー。

Sn3k0011_2  12月2日の晩御飯。太刀魚の塩焼きは購入お惣菜、但し、ショッパくてNo Good。鍋は先日の残り「水炊き」の出汁を冷凍して取って置いたもので、再度の水炊き。トマトと鶏肉の煮物は赤色。これは後3食冷凍で保存。適宜食べる予定。

Sn3k0012

12月3日の朝食。サラダがメインディッシュ。

Sn3k0013

12月4日の朝食。昨日食べなかった(勘違いで、自宅でモツ鍋をする予定が、馬を食べに行った)モツ鍋少々。ヨーグルトは欠かせません。

Sn3k001412月5日の朝食。チョット豪勢?ロースハム付き。トマトみたいに見えるのは柿。半分いただきました。

自炊もなかなか板に付いてきたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの現在を考える1

 アメリカの現実は、このグラフ。リーマンショック後に更に加速。
 しかし、よく見ると、ブッシュ政権が借金を加速させているのが分かる。
14兆ドルと言う金額は、1200兆円/(85円/$換算)
国会で騒がれている日本の国家予算=90兆円、日本の借金=国民一人当たり750万円×1億2000万人=900兆円をはるかに越える借金。
機軸通貨であることと、世界最大の軍事力を保持する国家だからできる借金。
 アメリカの国債は一位=中国、二位=日本、三位=サウジアラビア。中国は元高になって、保有の米国債の価値が下がるのが許せない。日本は、円高で、どんどん米国債価値は下がり、国民年金運用で大きな損失を出している?(確かさは???何で損失を出したのかは失念)
 そして、誰もアメリカ国債を買わなくなった。また、買い支えるだけの力がある国はいなくなった。では、誰が米国債を購入しているのか?回答は、IMF=アメリカの中央銀行。いくらでも買える。バーナーキン理事長が「どんどん買う」と息巻いている。基軸通貨だからできる事で、何の後ろ盾もなく日本や他の国が行えば、ギリシャになってしまう。
 アメリカの景気が低迷しているのは、国家としての雇用が創造できない状況だから。日常生活品は人件費の安価な発展途上国で造られ、輸入に頼らざる得ない。かといって、人件費の高い米国で生産できるものは?食料品はあるが、他に軍事関連のものしかない。PCのソフトだとか、金融だとかといった物をあげる人もいるが、どれだけの雇用創造になっていることか?
 アメリカの製造業は疲弊している。確かにサービス産業は成長しているが、サービスを輸出して、外貨を稼ぐことはかなわない。なぜなら、サービスと言うのは物とは違い、移動が困難。
 日本の製造業もアメリカの後を追っている。他人事ではない。
 9%以上の失業率を下げるには、外貨獲得産業の育成しかない。そこで、オバマがしがみついたのが、グリーンエネルギーとスマートグリッド。しかし、これですら、アメリカの衰退するスピードに追いつかない。これが、現在のアメリカ。日本の先を行く社会。
#7 アメリカ国の借金: 2006年 約9兆ドル → 現在 13兆ドル以上 (もうすぐ14兆ドル)
Source: TheDebtWeOwe.com
D84sfmz_1434hm2fmhq2_b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週を振り返って

 今週、先週の夜に千葉の自宅に帰って、、、、、。

 日曜 ヨガ 11月までの契約。来月12月は完全に脱会と言うことで、福岡かでヨガを考えないと、、、、、。

 月曜29日 朝、東京の会社に出て、それから那須塩原、そして埼玉羽生、最後に埼玉岩槻。岩槻で会食して、、、、、、。帰ったのは22時ぐらい?眠くて、眠くて、電車乗り過ごすところだった。

 火曜30日 朝、同様に東京の会社。夕方まで会議。くだらない会議。生産的な雰囲気になれらない。前向きな、感じがしない会議ほど時間の無駄はない。台湾のお客と会食。

 水曜1日 セミコンへ。幕張メッセでモーターショーに次いで大きな展示会のはずが、この不景気で、極端に縮小。来客も少なし。韓国のお客と会食。

 木曜2日 東京の会社に出てから、蒲田。加工を生業にしている会社へ。その後、羽田空港に向かい、福岡便に。福岡は雨でした。

 金曜3日 福岡の会社へ。久しぶりの出社だが、、、、、、。まだ片付けが終わらない。PC関連もやらなければ。歓迎会をしてもらう。馬関連の店に。帰りは遅くなり、午前様。でも、帰っても待ち人おらず。気楽ではあるが、、、、、。

 土曜4日 自転車で色々。とうとう洗濯機を購入。配達は来週土曜の夕方に。コインランドリーで過ごそうと思ったのだが、、、、、、、どうも自分の洗剤が使えない、清潔感が無い、、、、、、、などあるので、買ってしまった。本来はしばらく、お金を使わず、コインランドリーで頑張るはずだったのが、気の迷い。壁掛時計とキッチンマットを買ったら、気が大きくなった?ついでで、買ってしまった。

 そんな、一週間。

 明日は

#7 アメリカ国の借金: 2006年 約9兆ドル → 現在 13兆ドル以上 (もうすぐ14兆ドル)

これを論じたいのだが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人口減少と年功序列

以前にも書いたのだが、人口減少

http://fwjc1414.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/index.html

 年功序列はドンドンなくなると予想する方々がいるが、私の周りの環境はマスマス年功序列化が進んでいる。どうしたものだか、、、、、。

 年功序列だと、閉塞感が増す。どうしても、高齢者は安全安全側に舵や態度を取る。冒険はしない。あと、数年で卒業だと考えると、冒険などはあり得ない。できる限りリスクを回避して、、、、、、若者は閉塞感にどんどん襲われる。

 そんな現象が私の周りでは、ドンドン進む。人口は減り始めているが、老人はどんどん増えている。そして、年功序列でいい気分になるヤカラも多い。大多数が、「年功序列、いいじゃないか!」と思っている。多数決を取ると、老人が多い分、必ず年功序列万歳となる。

 能力主義だとか、成果主義などと言うものは日本には向かない、などといった記事を最近は見るが、書いている方々が既に老人側の人がほとんど。若者は、できる限り、年寄りがいない業界、例えばITだとか、ゲームだとかの業界に進んだほうがいいのかもしれない。老人たちが牛耳る社会、会社は年功序列からは抜け出るのは至難である。

 出る杭は打たれると言うことを痛感する最近であるが、この年功序列社会も行き場の無いわだかまりがたまる一方である。

 この年功序列の弊害と、そして、この為の日本の成長阻害を少し、シリーズで語りたいのだが、、、、、、、何だか愚痴っぽくて、本当は書かないほうがいいのかもしれないが。

 なかなか、自分の中でも整理がついていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエットはかくも難しい

 東京周辺で会食が続いた。月曜は埼玉は岩槻、火曜は千葉船橋で台湾人と、水曜は海浜幕張で韓国人と食事をしたら、見事にリバウンドしてしまった。昼食を普通に取ったノガ敗因。

 困った、折角、維持できていたと思った体重が元の木阿弥に。実に難しい。限定解除の免許も、バイクもこのままでは夢のまた夢。いつもと代わらない日々。これではいけない。

 そんな事をうだうだ言う前に運動でもした方がいいのだが、、、、、、。

Pb0701071  本日、フライト。九州に戻ります。(単身赴任している感覚は無く、これから寂しさが、、、、、)

 JAL愛好者としては、リストラだとかで大変だろうが、何とか復活を果たしてもらいたい。

 それにしても、北朝鮮の攻撃だとか、円とドル、ユーロの動きを見ると、実に博打打ちが多いことよ。何か理由を見つけては、為替変動で、それで儲けを出そうとしている。為替は博打。株も博打だが、博打性は為替が断然高い。

 持ち株、全部売れていない。早いところ売ってしまわねば、、、、、と思うのだが、損切りはなかなか勇気のいることで、、、、、。ダイエットに似ているかも。

 そんな、本日の気持ちでした。韓国、台湾情報はまた別の機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »