« 一昨日の夕食と本日のハチ公 | トップページ | さすがに疲れた »

経済コラム<<横道の話題>>

 経済コラム<<横道の話題>>

 量的緩和政策アメリカと日本;毎日新聞2010年11月5日記事から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101106-00000000-maip-bus_all.view-000

日銀

FRB

リーマンショック後

長期国債、CP社債買い入れ

25.6兆円

・米国債

受託ローン担保証券(MBS

政府系金融機関債の買い入れ

1.7兆㌦(約137兆円)

20108

新型オペ拡充

20兆円→30兆円

MBS元本償還金で長期国債を購入

MBSなどの保有残高を2兆㌦(約160兆円)に維持

10年秋

<包括緩和>

・長期国債

・国庫短期証券

CP、社債

Jリートの買い入れ

5兆円

<量的緩和第2弾>

・米国債買い入れ

6000億㌦(約486000億円)

 この借金、誰が返すのか?子孫への負債以外の何物でもない。ハイパーインフレにより借金価値を下げる以外に返済できる目処などどこにも無いように感じるのは私だけだろうか?

 アメリカに抱きつかれて、一緒に落ちていく像が私には見えるのだが。これを何とかしようと考えること自身が、世界最強のアメリカ軍への反抗となりえる。まさに、小沢前民主党幹事長へのバッシングがそうであるように、抱きつきたいアメリカ、逃げたいが逃げられない日本。小沢バッシングしているうちは、日本のマスゴミも、日本政府も、日本国民も浮かばれないかも。

 手ごわいアメリカ、さらに手ごわい隣人中国。これからの外交政策、実に難しいと感じているのは私だけだろうか?民主党の庶民派であり、庶民そのもの菅首相ではとても外交政策はできないし、目の前に迫り来る恐慌は乗り切れないと思うのだが、、、、、。

 最近の状況;

・ DRAMの値段 原価の2ドルを割り込む 
・ TELのフォーキャスト 極端に悪くなっている。2月などはゼロが並ぶ。
・ 東芝四日市 新工場=第5工場 建物は建てたが、中身の発注はStop(らしい)
・ 韓国の半導体 Stopしている
・ LG 液晶工場も一部Stopさせて減産
・ シャープ タイにあるパネル組立工場 パネル在庫が急増 減産か?

 これは、来年の1月に向け、2008年年末と同じ様相になってきた。非常に厳しい経済状況が来ることが予想される。私の予想(2011年2月 金融危機再来?)から早まるのかも?しれない。対策は不十分であるが、対策を粛々と進める以外に手は無い。

 昨日の朝日の夕刊で、大学生の内定率が6割を切っているとのこと。若い人が、社会に出れないのは、これはヤッパリ大人の責任。さらに、団塊の世代の責任が重い。何ともやり切れない。

 

|

« 一昨日の夕食と本日のハチ公 | トップページ | さすがに疲れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済コラム<<横道の話題>>:

« 一昨日の夕食と本日のハチ公 | トップページ | さすがに疲れた »