« ネガティブキャンペーンの勝利 | トップページ | 今週の動向記録 »

ツイッターねたから

 二見伸明さんのブログから 

 脳学者の茂木健一郎さんは、ツイッターで「(@ozekihiroshi)菅直人氏の記者会見を見ていたら『何だ、この程度なら俺でも絶対に務まる』と考えた人も多かったのではないか。一方、小沢さんはというと、一国の総理になり、国を良くしようと志すとはこれほどまでに覚悟のいることか、到底出来ることではないと、多くの人が感じたのではないかと思った」というつぶやきを紹介していた。

 菅首相は庶民的であり好感が持てると言う女性の意見が多いようだ。しかし、庶民的であれば、リーダーとしては失格と言っているのと同じとは、言っている本人が気づいていない。リーダーが優しく、庶民的で、そして凡人であった場合、民間の企業の場合は、業績低迷、潰れる憂き目に会う。リーダーは皆と違う地平線を見ることができなければならない。同じものを見て、同じように感じて、同じように考えていては、とてもじゃないが組織を引っ張ることはできない。

 しかし、民主党世論はそんな首相を選んだ。これが今の日本の限界。もっと厳しい状況にならなければ、リーダー出現の場ではないのかもしれないが、、、、、。日本の舵を切るのが間に合えばいいが、、、、、、。

 円高と恐慌=二番底が来るが、果たして日本経済はどうなるのやら。

|

« ネガティブキャンペーンの勝利 | トップページ | 今週の動向記録 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/49453975

この記事へのトラックバック一覧です: ツイッターねたから:

« ネガティブキャンペーンの勝利 | トップページ | 今週の動向記録 »