« 冷蔵庫 | トップページ | 中国の行方 »

論調に注意

 新聞もテレビも普天間基地問題を大々的に取り上げている。社民党党首の福島氏の罷免の報道もかなりヒートアップした論調である。

 沖縄だけでなく日本国民が結構願っている話として、グアムとかハワイとかの日本国外移転が本当の気持ちであるが、なかなかその気持ちの表現がなされない。なぜ沖縄に基地が必要で、さらに国防上の問題として、どうして日本に米軍基地があるのか?これを本来議論すべきでは?

 日米同盟により、敗戦国日本はアメリカと条約を結んで、同盟国となった歴史がある。そのことで、アメリカの軍事力、されにはアメリカの核の傘の下で経済発展をしてきたと言う理論から、根本的に見直すべきだと思うのだが。

 本当にアメリカの下、属国としてあるのがこれからの日本の為なのか?中国とアメリカ、アジア各国とバランスよく付き合うのは難しいのか?非人間的な軍事力と言う暴力にやはり頼らないと、世界の安全、日本の安全を保つのは難しいのか?

 そんな所から議論を始めると、大変危険な世論になりえるから、昔あったレッドパージみたいな言論封じ込め現象が起こるのかかも。これは日本政府が仕掛けると言うより、アメリカが仕掛ける話だろうが、、、、、。

 いずれにしても、ヒートアップした論調より、冷静に本質を眺めていたほうが、誰が何をしたいのかが見えてくる。これって危険かもしれないが、、、。

 福岡空港にて。

|

« 冷蔵庫 | トップページ | 中国の行方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/48486151

この記事へのトラックバック一覧です: 論調に注意:

« 冷蔵庫 | トップページ | 中国の行方 »