« ピークアウト 人口 少子高齢 2 | トップページ | ピークアウト 人口 少子高齢3 »

日本のマスコミ

 トヨタバッシング=Japanバッシングが激しさを増している。実に残念であるが、今のアメリカの実情を見ればある種予想できた話かもしれない。

 民主党政権が郵政民営化に対して実質的な中止を行った。結局、その民営化中止で何が起こったのか?

 郵政民営化すれば何が起こったのか?180兆円超えの預貯金の運用をアメリカの国債に投入しようと言うのが小泉政権の思惑であったが、これが頓挫した。それに対して腹を立てたアメリカ政権の一部が日本バッシングを企画して、結局日本で一番大きな会社=トヨタへのバッシングを行っていると言うのが、、、、、。

 マコトシヤカであるが、どこの国の人も結局自分を守る正義は、相手を陥れる作戦になることも当然ある。家族に優しい父親が、社会に対して不正(戦争)を行うのは歴史が物語っている。家長の善意は家族に対してであり、必ずしも相手への善意ではありえない。どちらかと言えば悪意になり得るのが世界であろう。

 アメリカはリーマン・ショック後、財政出動だけで180兆円超えを行っている。FRB(アメリカ柱中央銀行)が自国の国債を買い支えている。しかし、それはアメリカ通貨の信用下落につながる話であり、それへの解消策は日本と中国。しかし、中国は今後何をしでかすか分からない相手であり、子飼の日本が一番操作し易い。そこに来て民主党政権がアメリカ国債を買わない方針を打ち出した。瀕死のアメリカは後先無い。今の救済を考えるなら、日本バッシングもあり得る話である。

 これは理詰めの話であり、理詰めの推察である。一個人としてはそれの裏付けを取ることは難しい。しかし、理詰めの理論は多分正しい。

 まあ、トヨタバッシングを見ながらそんな事を思うのであった。

|

« ピークアウト 人口 少子高齢 2 | トップページ | ピークアウト 人口 少子高齢3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/47699283

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のマスコミ:

« ピークアウト 人口 少子高齢 2 | トップページ | ピークアウト 人口 少子高齢3 »