« 日の丸半導体 | トップページ | ピークアウト 人口減少1 »

トヨタには頑張ってもらいたい

 トヨタ社長が米議会公聴会出席。トヨタ危機と言っても過言ではない。明らかな米国バッシング。これに対して、日本のマスコミは反論しなくてはならないのに。単に事実を並列に並べているだけ。

 まさに小沢幹事長問題と同じ。米国に翻弄される日本。本来は反論すべき立場にいる日本のマスコミは委縮して小さくなっている。鳩山首相、小沢幹事長と来て、次は日本最大の企業=トヨタを全く同じセオリーで貶めている。次は、民主党に近い京セラとかホンダとか、有名企業の東芝や日立か?

 いずれにしても、日本メーカーはとにかく向き合うしかない。逃げると後ろから咬みつかれる。向かっても咬まれるが、腕をかますぐらいで、首は差し出さず、耐えるしかない。これは、例によってアメリカの仕掛ける戦争である。

 それにしても、マスコミに期待しても仕方がないのかもしれないが、実に情けない。もっと言えば、インターネットのブログなどの情報発信で対抗するしかないのかも?

 アメリカは猫を風呂に入れて、乾かすために電子レンジに入れてチンしたら、猫が死んで訴訟問題になるお国柄。「猫を入れてはダメと表記がなかった」のがいけないらしい。まさにクレーマー。世界のクレーマーであることは間違いないが、、、、、身に降りかかるとつらいな。

 右側雑誌の新潮やポストなどは、もっと愛国心を発露して、米国に対抗してもらいたいものだ。

 さて、どんな戦い方があるのか?うーん、難しい。

|

« 日の丸半導体 | トップページ | ピークアウト 人口減少1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/47649454

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタには頑張ってもらいたい:

« 日の丸半導体 | トップページ | ピークアウト 人口減少1 »