« エネルギーⅣ | トップページ | 花の金曜日 »

出張と移動時間

 新幹線を使って、東京から関西、関西から九州まで途中下車しながら出張して来た。帰りは飛行機で1.5時間で羽田まで帰ってきたが、新幹線の旅はちょっと疲れる。特に鉄チャンではないので、のる楽しみは少ない。また、こだましか止まらない駅から駅への移動など、実に時間がかかる。

 こだまの乗り心地が悪いなどといったことは無いのだが、こだま⇒ひかり⇒こだまなど乗換、乗り換えで落ち着いて本を読む、PCを開いて仕事をするなどできない。実に不合理。

 これが、東京⇒名古屋、東京⇒大阪、大阪⇒博多のような大都市から大都市であればまだいいのかもしれないが。何だか地方小規模都市にとっては余り効率のいい交通手段ではなくなったのかも?

 それでも新幹線が走ることのメリットはあるのだろうが、、、、那須塩原など首都圏のベットタウンとして、かなり期待されていたが不景気の現在、不動産は活発ではない。最近でも新幹線通勤はあるのだろうが、、、、、、これも確かに会社持ちの通勤費が出るから可能であり、これが個人負担だと、あり得ないと思うのだが。

 会社持ちの通勤費を出してくれるのは、幹部職の人たちで、一般勤労者がそんなことをし始めると、、、、会社は持たない。それでなくとも経費節減、コストダウンが企業生き残りの重要な課題である。

 そもそもそんなに沢山の移動距離を毎日続けるのはいかがなものかと?思うのだが、、、、。

 JRによると不景気で、乗車率が1%程度低下を見込むそうだが、その程度で済むのかな?新幹線はそれほど乗らないので、実感がないが、飛行機は明らかに乗車率は下がっている実感がある。

 不景気だと民間企業は真っ先に交際費、旅費などの経費節減を行う。飛行機は顕著。特に海外出張は減っているのではないか?

 その辺りの統計、数字が見てみたいが。

 そんな事を考えながら、新幹線に乗っていた先週である。

|

« エネルギーⅣ | トップページ | 花の金曜日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/47375772

この記事へのトラックバック一覧です: 出張と移動時間:

« エネルギーⅣ | トップページ | 花の金曜日 »