« 不況の雑感2 | トップページ | COP15も大切ですが、、、、 »

関東の冬はみごとな青空

 本日土曜日午前中は頑張って二駅あるいて、その上に帰りも歩いた。それでも8000歩程度。メタボ解消の日は遠い。

 散歩しながら何とも気持のいい青空です。一時期富山に住んでいた事があり、北陸の冬との格差は正確形成に多少なりとも影響を与えるのではないかと思う。

 4歳ぐらいから8歳ぐらいまでと、13歳ぐらいから17歳までの計8年程度富山に住んだこととなる。冬は低く厚い雲が頭を押さえつけるように存在する。雪で閉ざされるよりも、頭を押さえつけるような雲が印象的である。

 それに比較すると、関東の冬は実に明るい。キレイな青空が広がる。最近は石原都知事がディーゼルエンジンからの排ガス規制を行ったおかげで、千葉に住みながら富士山を拝む事ができる機会が増えたように思う。いずれにしても関東の冬は明るく気持がいい。

 そんな天気のいい中、散歩するのはこれまた気持のいいものである。本当は軽くジョギングした方がいいノかも知れないが、そこはまずは歩くコトから。2009年ももうじき終わる。あと2週間切っている。色々な事があった一年でした。今日の青空のように気持のいい事ばかりの一年ではなかったが、気持を前向きに。

 さて、2010年はどんな年になるのでしょうか?環境の激変が続くと考えていたほうがよさそうです。それも気の重い話ですが、、、、、。

 何はともあれ、健康で。健康であれば何とかなるさ。あの時の猪木の銘台詞「元気ですか?元気があれば何でもできる!」、まさにその通り。健康で元気出して行きましょう!と自分に言い聞かせて。

|

« 不況の雑感2 | トップページ | COP15も大切ですが、、、、 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/47060643

この記事へのトラックバック一覧です: 関東の冬はみごとな青空:

« 不況の雑感2 | トップページ | COP15も大切ですが、、、、 »