« 太陽電池についてⅠ | トップページ | なぜドイツやフランスは豊かなのか? »

国の借金

 知っているようで知らない国の借金の内訳。http://www.mof.go.jp/gbb/2109.htm
財務省発表の借金内容。これに地方自治体の借金や、国が保証している借金やら、公団が借りている借金やらあわせると、やっぱり1000兆円を超えているのかな。日本の貯金総額が1400兆円超えだとかで、国内資産の運用先としての国債だから「大丈夫」との理論が横行しているが、、、、、。ホント返さないでいい借金では、ないのだから。いつかは返さないと、まして利子はシッカリ付いている分けだし。

 ちなみにGDPは約500兆円程度の日本。借金がGDPの倍になる日は近い。これはどういうコトかと言えば、民間企業で言えば、売上の倍の借金があるということ。例えば売上1000億円の会社があったとして、有利子負債が2000億円に及ぶ企業と言うコトを表している(チョット乱暴かもしれませんが、、、、)。その企業の純利益は、利益率の高い企業でも10%程度で100億円がいいトコロ。100億円の利益があっても、毎年利益を返済に回しても2000億返すのに20年は最低必要。企業にとって内部保留も無く、利益を全て借金に回すコト自体が異常だし、できっこない。20年も安定して売上の10%利益を叩き出せる企業はいない。

 と、言う事は借金の返済だけから考えれば、どうも完済は無理?後はインフレでお金の価値が下がることが、可能性としては高い。

 日本の国債の信用度が、このまま進めば下がるのは仕方が無い。しかし、それを米国の格付け会社などに評価されるのは頭に来るが。しかし、大変な借金である。タマには財務省などの役所が発表する数字を眺めて、考えるのもイイのかもしれない。

 やっぱり将来的に考えれば、実物(金や白金)での資産運用を考えるべきなのかも。

1.国債及び借入金現在高

(単位:億円)

区     分

金  額

前   期   末

(平成21年6月末)

に対する増減(△)

  前年度末に対    する増減(△)

内    国    債

6,942,982

98,575

138,500

 

 

普 通 国 債

5,632,530

88,289

173,174

 

長期国債(10年以上)

3,628,511

43,518

86,133

中期国債(2年から5年)

1,679,875

39,395

69,692

短期国債(1年以下)

324,144

5,377

17,349

財政投融資特別会計国債

1,266,884

△  3,515

△   43,617

 

長期国債(10年以上)

968,554

15,321

21,182

中期国債(2年から5年)

298,330

△   18,837

△   64,799

交 付 国 債

4,594

出 資 ・ 拠 出 国 債

18,221

298

△  3,884

株式会社日本政策投資銀行危機対応
業務国債

13,500

13,500

13,500

日本高速道路保有・債務返済機構債券
承継国債
7,254 - -

借    入    金

562,036

△  5,052

△   13,626
 

長期(1年超)

216,226

△  3,461

△  6,293

短期(1年以下)

345,810

△  1,590

△  7,333

政 府 短 期 証 券

1,140,208

△   50,855

55,381

合     計

8,645,226

42,669

180,256


2.政府保証債務現在高

(単位:億円)

3

△   672

区     分

金  額

前   期   末

(平成21年6月末)

に対する増減(△)

  前年度末に対    する増減(△)

政府保証債務

456,133

△   633

1,840


(注)1


.単位未満四捨五入のため合計において合致しない場合がある。

.上記の国債及び借入金には、国が保有する国債及び国内部での借入金を含んでいる。

.次回の公表(平成21年12月末現在)は、平成22年2月10日に行う予定である。

|

« 太陽電池についてⅠ | トップページ | なぜドイツやフランスは豊かなのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/46769486

この記事へのトラックバック一覧です: 国の借金:

« 太陽電池についてⅠ | トップページ | なぜドイツやフランスは豊かなのか? »