« 韓国中央日報の社説 | トップページ | 通勤と言う名の苦痛勤 »

バリュー 価値?

 従業員には「経費節減」を強く言う人が、いざ自分のこととなると馬鹿にゆるくなり、経費の無駄遣いはトンとお構いなし。そんな経営者、上司と言うのいるもんです。現に私の身の回りにもいます。

 そのような「ヤカラ」に対するにはどうしたらいいものでしょうか?人は「他人に厳しく、自分の甘い」と言うのが本来の性質らしい。それは別段人の上に立とうが立つまいが変わらない。そして、人の上に達人は、下の者からスカートの中身と同じく覗かれていると言う認識を持つことが大切。しかし、50歳を過ぎたそんな「ヤカラ」に説教が通るわけもなく、説教を垂れる事すらできない。何とも、困ったもんである。

 そんな「ヤカラ」に対する方法は、

① 愚痴を言って鬱憤を晴らす、酒のつまみにする

② そんな「ヤカラ」に早く見切りをつけて転身を考える

③ コンプライアンス違反で訴える、投書する

④ そんな「ヤカラ」は誉め殺しとか、無視とかで対応する

 どうしてそんなヤカラが生まれるのか?これは人間の本性であろうと思われる。実際、そんなヤカラばかりでないから日本は技術立国だとか言われる国であるわけだが、そんなヤカラが経営を握っているから、韓国やその他の国に技術を流出させることとなる。上に立つ人はヨッポド気を付けないと、自分の中の野獣が暴れだす。まあ、品性に繋がる話だが。

 それにしても、そんな「ヤカラ」はほとんど仕事ができない上に、経費=ただ飯を喰われる。それでも社会構成員であるから、、、、、、。ホント、困ったもんだ。最近、こういった「ヤカラ」の存在でストレスが増えている。

|

« 韓国中央日報の社説 | トップページ | 通勤と言う名の苦痛勤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/46420010

この記事へのトラックバック一覧です: バリュー 価値?:

« 韓国中央日報の社説 | トップページ | 通勤と言う名の苦痛勤 »