« 通勤と言う名の苦痛勤 | トップページ | 久しぶりにふ二日酔 »

人口集中と生活

 通勤のつづき;

 東京圏に住んでいると、右を見ても左を見ても人だらけ。今日のような台風で電車が止まると、どうにもこうにも。台風で電車が止まって、駅は人でごった返した。これが大地震でのごった返しでなくて良かったと思うしかないのかも。

 ドイツを旅すると、どの都市も豊かなように感じる。フランクフルトとかミューへン辺りしか知らないが、古い教会や歴史がありそうな建造物が残っている。しかし、実は日本と同じで第二次世界大戦で焼け野原になり、それを復興させた町並みなのだと知ると、ビックリする。復興させるのは近代的な効率的建造物でだけでなく、歴史的建造物の復元も目指すドイツは豊かに見える。

 ドイツは昨年GDPで中国に抜かれたが、それまで世界第三位の経済大国。今でも堂々の世界四位の経済大国。(2009年は日本も中国にGDPで抜かれるだろうが、、、)そんなドイツの人口は、8200万人余り。そして以下の通り人口集中度合が低い。ドイツ一番の都市であるベルリンの人口を日本の都道府県人口で比較すると、10位の静岡370万人、11位茨城299万人の間に位置する。

 ドイツの町並みを歩くと、やはり余裕がある。これは人口集中度合が進むと、逆に貧しく感じるのかもしれない。東京圏だけでなく、上海や香港などの人口密度の高い都市でも同じ感じを受ける。

ドイツは地方分権の歴史が長いため、ロンドンパリ東京の様な首都への一極集中はしていない。人口は2006年のデータを使用。

ドイツ経済の中心地フランクフルトは、欧州中央銀行(ECB)や国際的なハブ空港を持つ。

都市人口
1 ベルリン 3,404,037
2 ハンブルク 1,754,182
3 ミュンヘン バイエルン州 1,294,608
4 ケルン ノルトライン=ヴェストファーレン州 989,766
5 フランクフルト・アム・マイン ヘッセン州 652,610
6 シュトゥットガルト バーデン=ヴュルテンベルク州 593,923
7 ドルトムント ノルトライン=ヴェストファーレン州 587,624
8 エッセン 583,198
9 デュッセルドルフ 577,505
10 ブレーメン ブレーメン州

547,934

Wikipediaより。

 日本の地方都市で豊かさを感じるのは、個人の嗜好だが、福岡、札幌がいいな~と思う。あえて次をあげれば、やはり自分の住んだ事のある熊本とか、チョット憧れている高知などがランクイン。

 いずれの土地も東京圏のような極端な人口集中がなく、通勤=苦痛勤はさほど無いというのが前提。そして、車で少し走れば、濃い緑があると言う事。

 ドイツを引き合いに出したが、フランスは少し足を踏み入れただけで、パリの土地は踏んではいない。チェコのプラハも憧れるし、オーストリアには是非に仕事を作って行って見たい。

 話が横道に逸れました。まあ、いずれにしても、東京圏脱出が一つの課題ではある。

|

« 通勤と言う名の苦痛勤 | トップページ | 久しぶりにふ二日酔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/46434339

この記事へのトラックバック一覧です: 人口集中と生活:

» ハブ空港 とは [芸能ニュース]
Qオーランド国際空港にアメリカ本土の空港を経由しないで行くにはという質問の趣旨を再度説明します。アメリカ本土にあるハブ空港で乗り継ぎを避けたいのです。知人は、シカゴのオヘア空港で乗り継ぎのために4時間待ったそうです。それだけの時間があれば、ナイアガラで霧の乙女号に乗れるし、ディズニーランドでアトラクションにも乗れ、街歩きもできます。空港内の散歩とは異質なものです。そこでしかできない体験をする為なら...... [続きを読む]

受信: 2009年10月13日 (火) 16時37分

« 通勤と言う名の苦痛勤 | トップページ | 久しぶりにふ二日酔 »