« ビール | トップページ | 理系と言う事 Ⅰ »

財務的均衡の罠

 会社の財務に関して、リスクを取らずに均衡をはかろうとすると「リストラ」になる。以前から言われている話だが、ハゲタカファンド連中はリストラする会社を歓迎する。一時的に財務は改善できても、将来の切り売りでしかない。それにしてもリストラする会社が増えている。

 社員をリストラするのは終身雇用制度みたいなもの(もともとそんな制度は大企業の一部にしか存在しなかったと言う立場に立つ私は、こんな表現になる)が崩壊した現在はドンドン進む。主に45歳以上だとかと言う条件を付けるのはいいが、条件無しの全社員対象などと言うリストラもある。実際、ドンドンリストラを進めているから失業率が上がるわけである。

 団塊の世代が60歳に突入している現在、彼等がまずは対象となっているのだろうか?この辺の事情はよく調べてみないと分からないが、決して弱くない彼等の大多数は対象となっていないような気がする。

 リストラと言えばまずは一番立場の弱い集団=非正規雇用者である。次に立場の弱い者は転勤などができない人達。工場閉鎖などで辞めざる得ない人達。

 それにしても安易だな、リストラして財務体質を改善すると言うのは。優秀な経営者であれば、年齢ピラミッド調整は行うだろうが、リストラする前にビジネス幅の拡大を目指すだろうが。

 新規事業や現在行っている事業の拡大、川下化、川上化。しかしそんな事は考えられない経営者が多いのが現状。経営者と言うのは、一般社員より「知識量が多くて、よく考え、その考えが深い」と見られるが、そんな経営者はほとんど少ない。だから経営コンサルタントみたいな業種も繁盛するのだろうが、何といい加減な経営者が多いことか。

 あと、強欲な経営者が多いのも世界共通。JALの社長みたいに自分の収入を押さえるパフォーマンスを行う、エルピーダの社長のように電車通勤が当然だと思っている経営者。こんな経営者は希、だから報道の対象になるのだろうが、ホントゲスなヤカラが多いのも確か。

 何の勉強もしない、考えない、威張りたがる、良い結果は自分の実力で、悪い結果は部下の無能が原因。そんな団塊の世代の連中がいるのは、どうしたものでしょうか?不幸だな~と最近つくづく思う。しかし、頑張ろう40代。チョットはましな世の中を創ろう。と私と同年の人に言いたいし、連携を取りたいものです。

 さて、自民党のリストラがある程度済んだ。リストラばかりするのでなく、次の産業、雇用を生む産業の構築を考えて、行動したいものである。

|

« ビール | トップページ | 理系と言う事 Ⅰ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/46256082

この記事へのトラックバック一覧です: 財務的均衡の罠:

« ビール | トップページ | 理系と言う事 Ⅰ »