« マインド マップ | トップページ | 新政権発足ですね »

公共工事の見直し

 民主党が政権を取ったと言う事で色々な事が変わる事を期待もし、不安にもなっている市井の民の私です。

 注目されているのは八ツ場ダムですが、私がここでとやかく言う立場にはありません。現地も知らないし、経緯もほとんど知りません。しかし、見直しはすべきでしょうね。それが即刻中止と言う結論で無くとも。

 個人的に注目しているのは川辺川ダム=熊本です。これは熊本県も中止と言う結論を出しているにも関わらず国の事業主体が「撤回」しない頑固な事業です。件や地元は取りあえず中止にしているので「ホット」していますが、隙あらば復活させようと言う官僚、官僚はこんな事を負けだとか勝ちだとかのメンツにコダワリ先送りする。確かに先輩たちが決めた事を覆すのはなかなか大変な事ではあるが、その理由が自分の天下りに優位にならないと言う、実に悲しい話が多い。これは、やっぱりいただけない。官僚の体質を改善、やはり天下りを何とかしないと、先輩の云々がズーと続く事になる。

 他にも注目している公共事業は「ギロチン」で有名な諫早湾の閉め切りです。あれの水門を開けて、環境がどう変わるかをぜひ実証してもらいたい。現地の有明海の浄化能力は干潟で作られている。水門が閉ざされて水質悪化し有明海の恵は減る方向。古賀誠代議士が地元を黙らせるべく過去に色々飴と鞭を用意したが、その古賀氏も既に道路族のドンではあり得ない現在、水門開けるのは許されるでしょう。

 もう一つ注目しているのが道路特定税であるガソリン税。これを一般化するのは国会決議で決まっているワケだから、早い事一般化して、道路族と言う名のタメになら無い族には解散してもらいたいものです。そすれば、道路公団もその他の外郭団体も小さくせざる得なく、官僚の天下り先が減り、余計な税金は使われないで済む事となりそうです。

 日本は決して公務員数が多いワケでは無いと言う記事がありましたが、外郭団体などの準公務員数を入れるととんでもない数になるのは、その記事を書いた人は知っていて、あえて書か無いと言う手法、ホントある種の詐欺。知識人がそんな事をするから、国民の民度は上がらなくてアメリカに搾取されることになるのかな?

 新聞などは必ず両方の意見を載せてバランスを取ろうとするが、本当にそれでいいのか?特に最近の朝日の変わりようはヤバイ。どうしたものでしょうか?

 話が飛びました。公共事業です。ぜひ、箱物事業は見直してもらいたい。もう、子供は減るし、老人は増えるのだから、そんなに箱物は要らないでしょう。まして、水の需要など何処を叩いても日本は増えない。ダムもいい加減止めましょう。その技術を持って、海外でビジネスをするのがゼネコンの役目でしょう。

 公共工事に関してはまだまだ言いたい事はあるですが、、、、、、。また機会があれば。

|

« マインド マップ | トップページ | 新政権発足ですね »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/46197687

この記事へのトラックバック一覧です: 公共工事の見直し:

» 胡蝶蘭 就任祝い [日本のまつりごと]
いよいよ現実のものとなった政権交代。政治が変わることで我々の生活はどう変わるのか。身近な視点で日本の政治を見つめてみました。 [続きを読む]

受信: 2009年9月18日 (金) 11時28分

« マインド マップ | トップページ | 新政権発足ですね »