« 循環型エネルギーが日本で伸びない理由 | トップページ | 給食が唯一の »

2009年6月の完全失業率

 6月の完全失業率が発表になった割には、新聞&テレビなどでは騒がない。どうしてか?騒ぐ価値が無いと言うよりも、選挙に不利になる方々の意向が入っているのかな?

 

失業率5・4%最悪に迫る 6月 求人倍率最低0・43倍 (07/31 14:13)

 総務省が31日発表した6月の完全失業率(季節調整値)は前月より0・2ポイント上回る5・4%で、2003年4月などに記録した過去最悪の5・5%に迫った。一方、厚生労働省が同日発表した求職者1人に対する求人数を示す6月の有効求人倍率(同)は前月を0・01ポイント下回る0・43倍で、2カ月連続で過去最低を更新。企業の雇用過剰感は強く、厳しい雇用環境は続きそうだ。

 厚労省は、雇用失業情勢を「さらに厳しさを増している」とし、5カ月ぶりに下方修正した5月に続き、「悪い」との見方を示した。

 失業率は5カ月連続で上昇した。完全失業者数は前年同月比83万人増の348万人、雇用者数は同110万人減の5455万人。ともに増減幅は53年の統計開始以来、過去最大となった。求職理由別で、「勤め先都合」が62万人増えたのに対し、「自己都合」は4万人減り、4カ月ぶりの減。

 4~6月期平均の地域別完全失業率は、前年同期に比べ、全国10地域すべてで悪化。道内は5・4%と、0・4ポイント上昇した。

 一方、6月の有効求職者数は286万人(前月比1・7%増)で、有効求人数は124万人(同0・5%減)。新規求人倍率は0・76倍で、過去最低だった前月より0・01ポイント持ち直した。

 道内の6月の有効求人倍率(臨時・季節雇用を含む季節調整値)は前月と同じ0・31倍で、前年同月を0・10ポイント下回った。沖縄、青森、秋田に次いで、4番目に低い値となった。

 失業率だけ出なく求人倍率も最低だとか。やはり年内には6%超えそうだな。選挙で何とかなるほど今回の不景気は軽く無い。まだまだ大波はやってくる。ホント、今失業すると再就職は厳しいね。それでも辞めていく人が多いのはどうしたワケか?旧知の人も、20年来の知合いも8月一杯で仕事を辞めるとか。年齢が私に近い方々で、どうされるのやら。一人の成人が判断した事だから、まあ何らかの考えがあっての話なのだろうが、、、、、、、。この時期は無いンでは無いだろうかと思ってしまう。

 企業のリストラも第二弾を下期に向けて行わないと、赤字幅の圧縮が間に合わない。給与カット、ボーナスカットはあたり前。ボーナスなど出るほうが「まし」と思ったほうが良さそう。冬のボーナスは望めないな。

 東京エレクトロンも国内3拠点の閉鎖を発表。まだまだ次から次にリストラ策を打たないと、半導体製造装置メーカーは生き残れ無さそう。日立国際も日立の完全子会社になるとか?色々手を打って、生き残りに必死である。

 半導体業界よりもやはり自動車業界の影響が大きい。名古屋地区の落ち込みはやはり半端無い。日産、ホンダが黒字化したと言うニュースが流れているが、自動車関連事業はまだまだ春は遠い(夏本番と言うのに)。

 生き残りを掛けて、やはり圧倒的な知識量と深い思考、そして行動力、これしか自分にはない。これを磨く以外に生き残りは無いかも、、、、、、。

|

« 循環型エネルギーが日本で伸びない理由 | トップページ | 給食が唯一の »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/45826885

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年6月の完全失業率:

« 循環型エネルギーが日本で伸びない理由 | トップページ | 給食が唯一の »