« 技術流出3 | トップページ | 伸びる産業 »

歩いてますが、効果が、、、、

5月
22日金曜 歩数記録無し 富山出張から東京に帰って、銀座で晩御飯 S氏と会食
23日土曜 歩数記録無し 夜ヨガ 
24日日曜  1579歩 陶芸 高台削りに精を出す
25日月曜 11544歩 出勤時2駅歩く
26日火曜  6331歩 休みをもらって水戸偕楽園散歩
27日水曜  8161歩 九州出張 朝5時起き⇒チョット眠い
28日木曜  6825歩 引き続き九州出張 夕方までMeeting 
29日金曜 10619歩 九州より帰る、九州の空港で30分マッサージを受けてかなり軽くなる
30日土曜 10022歩 夜ヨガ かろうじて1万歩達成
31日日曜  4372歩 小三治を聞きに行く、高齢者が多いので驚き
6月
 1日月曜 10800歩 出勤時2駅歩く
 2日火曜 12624歩 出勤時2駅歩く 
 3日水曜  3488歩 終日車で移動 栃木⇒群馬 車もクタビレル
 4日木曜  8265歩 休み 少し歩くが、一万歩にとどかず
 5日金曜 10950歩 出勤時2駅歩く、車で青梅方面へ出かけて、帰社後来客他

 不景気な割に深刻さのない仕事をしている。もう少しアクティビティーをあげて仕事しないと、とは思っているが、思うほど時間が取れない。焦れている、自分にも仲間にも。

 そんなワケで、今週は泊まりの出張は無しだった。結構、自分の時間があったが、お酒を一滴も飲んでいない。チョットストレス溜まり気味。まあ、家では飲まないようにしているのでそれも仕方が無いのであるが。

 さて、本日のニュースから;

5月の米失業率9・4%に悪化 25年9カ月ぶり高水準 (共同通信)

 【ワシントン5日共同】米労働省が5日発表した5月の雇用統計(速報、季節調整済み)によると、失業率は前月より0・5ポイント上昇の9・4%と大幅に悪化、1983年8月(9・5%)以来、25年9カ月ぶりの高水準となった。景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数は前月比34万5千人減とマイナス幅は4月より縮小した。就業者数の減少幅は昨年10月以降で最小。[ 2009年6月5日22時13分 ]

 とうとう大台間近。10%になるのにそんなに時間は掛からない。4月が8.9%であった事を考えると、クライスラー、GMなどの破綻を織り込めば6月の失業率は大台に乗せる可能性がある。また、本日車の中でニュースを聞いていたら、

2009年6月3日Tky200906020405

 不況のため住宅ローンの返済に行き詰まり、マイホームを競売で失う人が増えている。住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が08年度に競売にかけた住宅は記録のある02年度以降で最多となり、東京、大阪、名古屋の各地裁の競売件数も急増。夏のボーナス大幅カットでローン破綻(はたん)が続出する「6月危機説」もささやかれている。

 住宅金融支援機構が朝日新聞の取材に対して明らかにした08年度の競売件数は、前年度より35%多い1万6577件だった。とくに昨秋から競売件数は急増し、今年3月には昨年9月の約2倍の1830件になった。不況で収入が大きく減ったり、勤務先の倒産で失業したりした借り手が増えたためとみられる。

 住宅金融公庫の業務を07年4月に引き継いだ同機構は、国内の住宅ローン残高(約180兆円)のうち2割を占める貸手だ。一時的に返済額を軽減するなどの特例措置を実施しているが、それでも景気悪化で救済されない借り手が増えている。「競売は民間で売却先が見つからない場合の最後の手段」(広報グループ)と説明する。

 都市部の競売の入札結果を調査している不動産鑑定会社三友システムアプレイザル(東京)のデータでも、08年度下半期に急増。同機構や民間金融機関分などを合わせた東京、大阪両地裁の競売(入札)件数は前年同期の1.8倍。名古屋地裁でも同1.6倍に膨らんだ。3地裁の合計は約4700件で、07年度下半期より約2千件も増えた。

 東京地裁の競売件数でみると、調査を始めた95年度以降では98年度が1万2千件余りで最多。金融機関の不良債権処理が一段落したことで01年度からは減少傾向となり、07年度には約2800件になったが、景気の急速な悪化や地価下落もあって08年度は約4千件と増加に転じた。担保不動産の価値が下落すれば、金融機関は少しでも多くの資金を回収しようとして、競売処分を急ぐからだ。同社の井上明義社長は「競売物件の落札価格が低下し、これが地価下落にも波及して景気の足を引っ張るという悪循環に陥っている。競売処分がさらに増加するのは確実だ」と話す。

 日本経団連の調査では、大企業のこの夏のボーナスの平均妥結額は前年夏より19.39%の大幅減。金融・不動産関連業界では、年に2回のボーナス月に通常より多く返済しなければならない借り手が6月で返済をあきらめ、破綻につながる「6月危機」を懸念する声が

 こういった問題が顕在化している。かれこれ3ヶ月程前ですが、静岡に行った時に、現地で聞いた「住宅ローンが払えなくなりつつある」と言う話を載せたが、とうとう社会問題化し始めている。何とも暗い気持になる。東京の場合はこれに引き続き人身事故による電車のストップが増える。言わずもがな、「お父さんの命=生命保険でローン支払いを済ませるために、飛込み」という社会現象もある。なんと言っても、年間3万人の自殺者を出す国ですから。当たってもらいたくない将来予測です。

|

« 技術流出3 | トップページ | 伸びる産業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/45248045

この記事へのトラックバック一覧です: 歩いてますが、効果が、、、、:

» 死亡保険 [死亡保険]
死亡保険についての紹介ブログです。死亡保険の必要性や賢い選び方など、死亡保険にかかわる大切な部分を紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 23時04分

« 技術流出3 | トップページ | 伸びる産業 »