« クライスラークラッシュ | トップページ | 政治を読むのは難しいの続き »

政治を読むのは難しい

 普通に生活していて、新聞やテレビニュースを見ているだけでは分からない事が多すぎる。週間金曜日を追加して見ても、分からないコトだらけ。ホント難しい。

 小沢民主党代表の説明責任を云々言うマスコミが多いが、だれも検察には突っ込まない。これってヤッパリ官僚が怖いのかな?官僚の組織に刃向かうと身の危険があるのかしら?小沢代表は怖く無い?その上、説明責任を本来果たさないといけないのは検察であり、小沢代表では無い。それすらキチンと発信できないマスコミは何なんだ?

 中川元財務省も酔っ払い記者会見でしくじったが、その裏をなかなか明かさなかったが副島隆彦氏の解説によると、取り巻きが嵌めたらしい。その目的はアメリカ国債買取を拒否していたから、しくじらせたとのこと。本当かデマかは判断つかないが、副島氏の言う1.4兆円のアメリカ国債買取拒否で中川氏が辞めた途端に1.8兆円に4000億円んのペナルティー?を課されて再開したとのこと。

 市井の人間には知らしむべからず?マスコミはエロ記事と芸能ネタばかりでマトモナ取材を忘れてしまったのか?さらにテレビは劣化の度合いが激しい。ミノモンタ氏の断言口調が受けるのは仕方がないとしても、まともに取材もできないテレビが多すぎる。弱い者への取材は高飛車に行うのに、権力者への取材は(例えば検察)皆無。この事実はニュースを見ていれば分かるが、それ以上は突っ込む事ができない市井の者をやはり嘗めているのか?

 いずれにしても政治は昔から権謀術と呼ばれる世界で足の引っ張りあい、脇が甘いと蹴落とされる。一番顕著だったのが辻清美氏。少しでも脇が甘いととんでもないコトで落としめられる。

 一般の大企業でもそういった政治はあるのだが、それは行き過ぎればすぐに民間は破綻に繋がる。しかし、公務員や政治は政治的な争い事で潰れるなどといったコトは無い。この辺り組織の成り立ちが違うと、浄化作用は及ばなくなるものだろうか?本来は選挙で浄化作用を行うのだろうが、高級官僚権力が強くなりすぎると、第二次世界大戦前の日本軍隊のような「行くところまで行かないと」となるのだろうか?選挙に行かない若い人が結局は虐げられるのだが、それでも若者は選挙に行かない。

 小沢代表、中川氏、辻元清美氏、さらには福田氏、安部氏、小泉氏。日本の外交力はホント無いが、どうしたものだろうか?アメリカの意向で日本の首相はころころ変えられるワケだから。お金だけ出さされて、発言力が全く無い、無視されるなどといった実に情けない状況は脱出できるのか?アメリカからの離脱が可能なのだろうか?経済よりもやはり政治だろうと思う。オバマ政権中にある程度距離を取れればイイのだが。難しいかな?自民党政権すら変わらないワケだから。

 政治を見るのは実に難しい。

|

« クライスラークラッシュ | トップページ | 政治を読むのは難しいの続き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/44921102

この記事へのトラックバック一覧です: 政治を読むのは難しい:

« クライスラークラッシュ | トップページ | 政治を読むのは難しいの続き »