« 政治を読むのは難しい | トップページ | 5月9日 本日のニュースから »

政治を読むのは難しいの続き

 普通考えれば借金は返すもの。ところが国家になると「チサイ事は気にするな、ワカチコワカチコ」ではないが、巨大な借金は返済しないでいいらしい。

 第二次世界大戦敗戦後に日本は預貯金封鎖を行っている。さらに新円切り替え(切り上げ)で銭というお金の単位を廃止しているし。日本国政府が国民に借りているお金が800兆円で、地方だとか外郭団体まで全部ひっくるめると1200兆円だとか言われているが、本当のところは良く分からない。

 さて、この借金の返済方法は?基本的には無い。普通考えれば国民1人当たり1千万円もの借金は返せるわけが無い。四人家族だと4千万円の借金。それをこつこつ返済するどころか、ドンドン増やそうぜ、と言うのが今回の麻生政権。補正予算と言うもので、ドンドン使おう(公共投資)、不景気を吹き飛ばそう、と言いながら新たな借金をしている。

 これは返す気が無いからできる。普通は貸す人がいるから借りる事ができるのだけれども、貸し借りを自分で決済するのだから、いつまで経っても終わらないエンドレス、無間借金地獄。

 片手で、アメリカの国債を毎月1.8兆円も購入して、そのうちにアメリカ国債は暴落するのに。麻生首相が、あるいは自民党が悪いと言うよりもやはり日本の無責任の塊の高級官僚が変に頭がいいだけに、始末に負えないと言うのが真実みたいだ。

 さて、アメリカも凄い借金国、日本も凄い借金国。ではどうやって解決するのか?それはもうハイパーインフレしか手が無い。まさにペイパーマネーの名の通り、印刷して印刷してさらに印刷すると、おもちゃの子供銀行券と同じ価値になってしまう。お金の価値が下がる⇒インフレ⇒さらに下がる⇒ハイパーインフレ。

 現在の給料が半額になる日も近いかもしれない。

 それにしても、凄い時代に生きるコトになりましたね。無責任の塊の高級官僚だろうが、下っ端役人だろうが、市井の人であろうが、みんな等しく苦しむコトとなるわけだから。誰も逃れられない。そう、少子高齢化社会も同じく誰も逃れられない。因果応報と言うことか?選挙に行かない若者も結局は自分に帰ってくるということか?

 まさに時代はグローバル。アメリカの動向も気になるが、中国&ロシアは近いだけにとっても気になる。中国もロシアも人権なんか「へ」とも思わない連中が国家を司っているわけだから、外交ベタの日本が付き合うのは大変である。

 小沢民主党代表も検察により不人気になったし、フィアットがクライスラーのオーナーになるし、我が家にはまだ給付金は来ないし、豚インフルエンザはまだ治まらないし。そうそう豚インフルエンザ人口説、陰謀説も流布され出しているが、もし陰謀説が本当なら、その目的は何なんだろうか?アメリカの地位低下の防御が目的?それとも中南米人口爆発に対する布石?あるいは、中国インドの陰謀?

 ホント分かりません。歴史はこうやって作られて、そして伝説化していくのでしょうね。世界貿易ビルに突っ込んだ飛行機事件 9.11もブッシュ政権陰謀説があるように、いつか明かされる時が来るのでしょうか?

 答えを教えてくれないミステリーが政治なのでしょうか?

|

« 政治を読むのは難しい | トップページ | 5月9日 本日のニュースから »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/44936175

この記事へのトラックバック一覧です: 政治を読むのは難しいの続き:

« 政治を読むのは難しい | トップページ | 5月9日 本日のニュースから »