« 一時帰休の過ごし方? | トップページ | 千葉県知事選挙結果 »

千葉県知事選挙と少子化と団塊の世代

 明らかに昨日(3月28日)は車が多かった。高速道路1000円という割引のせいだろうか?それともばら撒き選挙対策資金と言われる定額給付金を当てこんでのことか?春の陽気に誘われて、皆さんは外に出だしたのか?

 さて、不景気の話は横に置いて、本日の新聞折込に公立学校の先生の移動が載っていた。大移動である。さらに新任先生の多いこと。最近に無い新人先生である。教師の採用が少なかったのは、少子かも原因の一つであるが、一番の問題は団塊の世代が占める割合が大きいこと。団塊の世代は早く退職してもらわないと、教育会が活性化しない。ドンドン団塊の世代には引退してもらいたいものである。

 これは一般社会でも言える。ある程度の社会的経験と地位を得た者が、評論家的発言する事により若い人の積極性を削ぐ。居るだけで悪影響を与える事を本人達は知らない。団塊の世代のマナーの悪さだとか、ダラシナサだとかはこの際横に置いておく。年長者の発言がどれだけ若い人のやる気を削いでいるか、また更に転ばぬ先の杖的な発言が、どれだけ社会的停滞を生んでいるか。ホント、60歳以上の人達はやはり退職して、別の世界を形成してもらいたいものである。

 さて、少子化である。小学校は一学年一クラスの学校が増えている。さらに中学校も同じく、ドンドン生徒数が減っている。クラブ活動もまともにできなく、クラブ種類が減らざる得ないらしい。少子化への対策はまずは女性の社会進出に対する助成であろう。そう、保育園の充実こそが一番の少子化対策であるのは誰もが言っている事である。しかし、老人医療と年金にお金を取られて保育園に回ってこない。ぜひ、文部科学省と厚生省の融合を行って、小学校内に保育所を作ってもらいたい。小学校は現在教室が余りつつある。小学校の統廃合も各所で検討されている。保育園の増設、夜間保育、延長保育の充実、さらに病気でもあずかることができるシステムの構築。さらに入園時期のフェレキシブル化。入園を4月に限定するなど仕事を分かってもらっていない。正社員入社などもどんどん変わってきているし、ましてやパートタイマーなどの仕事はいつでも始める事がある。それに対応してぜひ、いつでも入園できるシステムにしてもらいたい。

 確かに無責任で、権利の主張だけする親も多い。モンスターペアレンツと呼ばれる連中のお陰で先生方は疲弊している。これに対する何らかの保険システム、さらにはモンスターペアレンツ対策マニュアルなる制度の構築が必要であろう。しかし、それもこれも保育所、児童ホームなどの充実無くしては先に進まない。ぜひ、文部科学省と厚生省の融合で、少子化対策を行ってもらいたい。

これが一番の景気対策かもしれない。

 老人に定額給付金支給しても景気には繋がらない。やるならマインドに一番響く少子化対策である。右よりの人のブログもあえて見ているが、無知から来る右傾向はまだいいが、凝り固まった老人の右傾向(あるいは左傾向もかもしれないが)は救いがたい。根拠の無い理論を振りかざそうとしてる。老人に多い論拠は「これまで曲がりなりにも日本は自民党でやって来た、だから今後も自民党でやっていける」と言う根拠の無い楽観論。さらに無責任論と言ってもいい。この凝り固まった成功体験を若い者に押し付ける嫌らしさが、団塊の世代の特徴であるようだ。毒にも薬にもならないのならイイのだが、大抵の場合、発言が毒になる団塊の人達が多い。確かに歳喰えば誰しも自分の経験や成功体験から

物事を判断し、発言する傾向はある。しかし、団塊の世代が悪いのはやはり団塊と呼ばれる数の力を持っているから。

 偉そうに言う割には体は動かない、責任は取ろうとしない、こらえ性が無くなっている。少数であれば意見として拝聴もしようという雰囲気になるが、圧倒的多数である団塊はどうにも扱いづらい。どう付き合って行けばイイのか?問題だ。

|

« 一時帰休の過ごし方? | トップページ | 千葉県知事選挙結果 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/44498402

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県知事選挙と少子化と団塊の世代:

» パートの仕事 [パートの仕事]
パートの仕事は、家庭を持つ主婦には最適な仕事です。 パートの仕事のメリットは自分の好きな時間だけ働くことのできる仕事です [続きを読む]

受信: 2009年4月12日 (日) 22時56分

« 一時帰休の過ごし方? | トップページ | 千葉県知事選挙結果 »