« 先週は、、、不健康だな | トップページ | 今日はひな祭 »

鬱憤の愚痴みたいですが、、、

 先日お会いした人が、散々自分の事ばかり言って、自慢話をするのですが、どうも許せない。年齢は彼の方が一つ年上なのだが、そんな見識の無さが好きになれないだけでなく、排除したくなる。最近、こういった感情を余り持たなくなったので、「自分は成長したな」と思っていたのだが、どうもいけない。

 どうして自分の事ばかりを語りたがるのか?また、自慢話をしたくなるのか?私だってタマには自慢話をしている自分がいるのは知っているし、自分の事を語りたがる自分の存在も認識しているが、余りに鼻に付くのはけいただけない。

 結局、そんな人間にロクなやつはいないと言う事を経験的に知っているからだろう。かなり年上の年齢のオジサンたちと飲んでいて、やはり酔うと自分自慢、自分の経験自慢、自分の回りの人間自慢、知り合い自慢などなど、色々な自慢したがる人がいた。しかし、これはある種可愛げのある話である事が多かった。鼻に付くのは2~3人程度である。

 どうして自慢をしたがるのか?やはり自分を認めさせたいと言う欲求からそういった行動を起こさせるのであろう。その上で「ヘースゴイですね」とか、「そんなに素晴らしいのですか!」とかの賞賛を得たいのでしょう。そういったエゴが自慢をさせるのでしょう。

 しかし、自慢する事で欲求を満たすことはなかなかできないのも事実。上には上がいるのが世の恒。そして、カナラズ自慢欲求は「釣りそこねた魚は大きい」の例えの通り、尾ひれが付いてまわる。こんな人は実に困った存在である。

 さらにエゴがエスカレートすれば、人の足を引っ張ったり、出る杭を打ったりするヤカラがいる。最近特に思うのだが、「近頃の60歳前後は」と言いたくなる。昔は「近頃の若者は」と言う言葉が当然であったが、私が感じるのは、ホント「近頃の60歳前後の老齢期の団塊の世代は!」である。

 団塊の世代は明らかに突出して「質の悪い」人達が多い。これは世代の人口が多いから絶対数が多いのは仕方が無いとは思うが、それでも若手を潰しにかかったり、排除したり、足を引っ張ったり。ホントたちが悪い。

 決して団塊の世代だけが悪いワケではないが、あらゆる事を自慢したがる人や、人の話を蹴散らして自分の話をする「おバカ」なオジサンが多い。(実際はオバサンと付き合いが少ない。オジサンとしか付き合いが無いので、オバサンに関する知見は持っていないのが事実であるが。)

 先日、頭に来た人物は年齢は団塊の世代ではないが、自分の老後をどうしたいのか話していた(48歳ぐらいなのに)。また、人から頼まれて「講演」することも自慢していた。バカな人が知見も裏づけも無い話を等々と喋って、喜ばれている姿は滑稽である。しかし、円天なる詐欺もこれと同じレベルなのかもしれない。

 ある種、無駄な時間であるが、実際にこんな絵に描いたような「自慢したがり」の人物が存在する事を思い出させてくれた価値はあった。私自信も、若手から「近頃のオジサンは!」と言われないようにしたいものである。

|

« 先週は、、、不健康だな | トップページ | 今日はひな祭 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/44226414

この記事へのトラックバック一覧です: 鬱憤の愚痴みたいですが、、、:

« 先週は、、、不健康だな | トップページ | 今日はひな祭 »