« 2月のウオーキング1 | トップページ | 韓国情報 »

戦争と恐慌

 韓国からの引合が増えている。困ったな、ホント困った。これまで種蒔した案件が実り出しているのは確か。しかし、売上金を回収できて初めてビジネス。中国に太陽電池関連を輸出して、回収不能で破綻した会社もあった。装置関連は、検収が難しい。私のやっている部品関連は、、、、、、それでも難しい。

 韓国の動向に関心があり、参考にしているのが

http://4010river.blog108.fc2.com/

 このブログ。関心がある方は覗いて見られては。

 前回の世界恐慌は1929年に発生し、株価が下がり切ったのは3年の時間を要した。今回はどうもアメリカの株がまだまだ下がり切っていない感じ。これからまだ下がる感じであるが、果たしてどうなる事やら。アメリカ、韓国より日本の株が下がっているのは、ある意味日本の経済の方が評価が健全で裏事情が少ないから?良く分からない。

 良く分かっているのは、実際に仕事が消えて無くなっているということ。ある半導体装置メーカーは月産60台程度の能力を持っていながら、2009年度の予測では60台/年とのこと。これが続けば廃業だ。

 半導体の話に良く出てくる「線幅60nm」だとか「線幅50nm」と言う言葉が出てくる。この線幅が小さければ小さいほど、ウエハー一枚から取れるチップ数が多くなり、当然コストも安くなる。半導体メーカーはその線幅を小さくするのに、多額の開発費が必要となる。

 その多額の開発費というのは、実は装置が大部分である。後はマスク材だとか、プロセス。しかし、現在その最先端の装置すら出ていない。特に韓国メーカーは全く出ていない。非常に高価な装置を購入し、それを評価し、プロセスを確立しなければ生き残れない産業であるが、特に韓国のハイニックス向けの装置引合は全くと言っていい程無いらしい。日本のメーカーも元気は無く低迷。その分野の開発費を注いでいるのはやはりインテル。インテル向けだけは増産設備ではなく、開発設備(少量)は出ているようである。

 韓国の事を色々調べると、大手企業の動向より、市井の人々の生活に直結する物価問題があるようだ。日本は円高で輸入品は安価になり、エネルギー価格も下がり、原材料である鉄鉱石などの鉱物資源も下落傾向にある。逆に韓国はウォン暴落で、輸入品は高騰しているようで、昨年10月ぐらいから8%余り高騰しているようである。逆に不動産は暴落、不動産バブルはじけた状態。さらに12年前のIMF管理下に置かれた時の貯蓄率は高かったが、現在は一桁代のようで、これも回復に時間がかかる要因のようである。(細かな数字はウル覚えなので、、、、、あえて記しません)

 台湾は中国に対する置石みたいな役割(政治的、軍事的)と、大陸への投資社会であり、韓国ほど深刻では無さそうである。これも良く調べてみたい題材ではある。

 それにしても、エルピーダメモリは台湾企業との合併など綱渡りは上手く行くのかしら?東芝の現場エンジニアは「2年はこんな調子では?」と半分諦めぎみだとか。皆、3月一杯は全く動く気配無し。在庫調整と言うより、活動凍結といった表現が正しいと思うが。

 液晶はいよいよシャープもIPS-αも冬眠。ウォン暴落で、韓国勢が北米で安売りを仕掛けて、42インチが800US$と言うから信じられない。これではSonyもシャープも、Panasonicも赤字だ。サムソン電子、LGディスプレーは外貨獲得と在庫一掃処分なのだろうか?現代、KIA自動車も北米で販売台数伸ばしているが、ほんと大丈夫?といった感じである。韓国製自動車の安売りには日本勢、ビッグスリーは乗らなかったようだが。

 まさに恐慌。隣国 韓国のデフォルトがもし起こると、輸出企業が沢山ある日本社会も大変な事になる。輸出決済のL/Cの信用が取れないようで、キャッシュで動かすしか手は無いようだ。大手商社に言わせると、「そんなの去年からだよ!」と言う話らしいが、銀行格付けでランク外になると、、、、どうすればいいのか?円で事前に送ってもらわないと商売でき無いと言う事か?

 韓国のデフォルトが起こると、どんどん破綻する国家が出そうで怖い。これが恐慌と言うものかもしれないが。かといって、アメリカと積極的に展開する勇気も自信もないしな。US$がどこまで下がるか?どうもタメてから下がりそうで、、、。何ともイヤハヤ。打つ手が少ないのが悩みの種である。

 悩める今日この頃。日々研鑽である。

|

« 2月のウオーキング1 | トップページ | 韓国情報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/44001328

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争と恐慌:

« 2月のウオーキング1 | トップページ | 韓国情報 »