« 戦争と恐慌 | トップページ | 頑張って考えないと »

韓国情報

日韓通貨スワップ協定の期限延長を望む=韓国中銀幹部

2月4日10時40分配信 ロイター

 [ソウル 4日 ロイター] 韓国銀行(中央銀行)のAhn Byung-chan国際局長は4日、必要であれば、日本との通貨スワップ協定が4月30日の期限を超えて延長されることを望んでいると語った。
 米連邦準備理事会(FRB)が3日、韓国を含む13カ国・地域と結んでいる通貨スワップ協定の期限を10月30日まで延長すると発表したことを受けた発言。
 同局長は「(日本との通貨スワップ協定も)延長可能だと思う」と述べた。また、FRBとの300億ドルの通貨スワップ協定の延長が国内金融市場の一段の安定化につながるとの見解を示した。
 韓国中銀と日銀は2008年12月、国際市場でのドルの流動性向上に向けた国際協調の一環として、日韓通貨スワップ協定を従来の30億ドルから200億ドルに拡大した。

ムーディーズ、韓国内8行の信用格付けを下方修正

韓国経済新聞20090210

米国信用評価会社であるムーディーズが9日に韓国内の銀行の信用格付け(長期外貨建債権発行基準)を下方修正した。

これに伴い産業、輸出入、企業銀行など3行の国策銀行と、ハナ、国民、新韓、ウリ、農協銀行の5行の民間銀行の信用格付けがすべて1~2段階ずつ下方修正され、国家信用格付け同じく“A2”に格下げされた。信用格付け展望は産業銀行を除き全て“安定的”と掲示された。

ムーディーズの韓国担当分析家は “今回下方修正された銀行の場合、国家格付けに合わせるように調整する作業が必要だと判断した”と説明する。

韓国の場合、昨年末から政府が韓国銀行と輸出入銀行を通じて都市銀行に外貨流動性を支援し、外貨借入の際に政府の支払保証方針を明らかにした状態であるため、国家より高い信用格づけを維持するのは難しいと見ている。

金融委高位関係者は“ムーディーズと接触したところ、韓国の他にも32ヶ国の銀行に対して順次に信用格付け下方修正に入る計画であることが把握された”とし、今回の措置が韓国に限定されたことではないことを強調した。

また他の国際信用ギョウ貨車であるS&Pとフィッチは韓国の国家信用格付けをそれぞれA、A+と評価しており、国内銀行に対してはこれと同じ水準、或いは一段階低い等級を維持している。

市場でも今回のムーディーズの発表が及ぼす影響は制約的であるとの反応を見せた。

国際金融センター関係者は“1月にムーディーズの信用格付け下方修正検討が予告された状況でも、国内銀行の外貨調達は順調だった”とし、“今回の等級調整が市場に及ぼす影響は大きくないものと見られる”と述べた。

-------------------------------------------------------

 韓国経済が気になって、困ったものである。

 新聞をにぎわしている派遣切り、正社員のリストラ、解雇。ましてや赤字決済。果たしてどこまで進むのか?誰も分からない、だれも予知できない。できるのは、一生懸命に考えて考えて、考え抜いて、予測する事。

 あまり一つの問題に心を奪われると、本来やりたい仕事を疎かにしてしまう。気持を切り替えなくては。

 取り合えず、今日まで韓国。スワップ協定の償還時期が10月末に延びたことで、4月末のウォンのデフォルトは無くなった。しかし、大変厳しい状況である事には変わり無い。韓国国内の物価上昇が8%程度とかなり高く、庶民の生活は大変であろうと想像する。また、市中金利も高いようで、一般市民が銀行から借りる金利は20~30%とまさにサラ金以上。日本の法改正で15%を上限とする法案は通らなかったが、18%MAXぐらいで一応推移しているが、韓国の水準は、「一度借りたら雪ダルマ、ニッチもサッチモ」いかなくなる金利である。これは酷い。

 韓国はオリンピック後、自国を「先進国」に入ったと言っていた。何をもって先進国なのか?そもそも先進国の定義は何なのか?私は知らないが、その韓国人の「気持の高揚」は良く理解できる。しかし、一度そういった高揚感をもった人々が現在の世界恐慌の状況、自国の状況を余り認識していないのでは?と思う新聞記事が多すぎるのは閉口である。

 逆に日本の新聞は悲観論調が目立ち過ぎる。世界の物作り大国「日本」のプライドもへったくれも無い新聞記事が多い。現実、すさまじい経済縮小が起こっており、それにどう対処するのか四苦八苦しているのが現状であるが、、、、、。

 それにしても凄い状況である。仕事上の開発を急がなくては。

 

|

« 戦争と恐慌 | トップページ | 頑張って考えないと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/44030646

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国情報:

« 戦争と恐慌 | トップページ | 頑張って考えないと »