« フライト12時間 | トップページ | 帰国 »

英国2

 英国のロンドン、National Galleryは混んでいた。日曜日&雨の為だろうかお客は多かったが、日本の有名美術館のように並ぶことはなかった。有名なゴッホの「ひまわり」もごく普通に鑑賞することができて何より。ならんで「立ち止まらないでください」などと言われながら鑑賞するのに比べればなんて贅沢な鑑賞であろうことか。それにしてもキリストを題材に扱った宗教画と呼ばれる作品の多かったこと。またそのキリストの何とも痛ましい絵であること。仏陀の入滅シーンは涅槃像になるように穏やかで、人間だけでなく動植物も泣いたという静かな悲しみに比べ、キリスト教におけるキリスト受難は何と凄惨なことか。絵で表すことで何を訴えたいのか、文化的背景の知識が乏しい私はチョット興ざめ。文化的バックボーンという意味で、西洋との違いを認識させられて。

 

 それからビッグベンを見に行った。国会議事堂にあるビッグベンはある種の思い込みが合った。ピーターパンの映画で描かれるビッグベンは大きく高く、圧倒的存在感の象徴的な存在だったが、実際に見ると「小さい」、「鐘の音もイマイチ」であった。ロンドンは高い建物が無い。多分規制を掛けているのだろうが、その中でも現代的な印象だろうが「チョット違った」。現代は大きな建築物は当たり前に多く、東京では見慣れている。それからすると歴史的なビッグベンは小さな存在になってしまったのかもしれない。現代人の感覚の問題であろう。

 そんな事で天気はよろしくなく、降ったり止んだりの雨模様の中、約2万歩歩き回って足が棒になりました。久しぶりに2万歩。左足を骨折してから初めての長距離かもしれない。最近あんまり歩いていないからな。今週はヨガもお休み、2万歩で少しは運動不足を解消できたかしら。

 為替変動が大きく、こんなに急激に£やユーロが上下するとシッカリしたビジネスにならない。困った。良いものを作って、売るのがメーカーの責任。金融経済による実体経済のあおりを受けるのは、チョット不満であるが事実は事実。なかなか大変である。

|

« フライト12時間 | トップページ | 帰国 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/42921165

この記事へのトラックバック一覧です: 英国2:

« フライト12時間 | トップページ | 帰国 »