« パワーヨガ | トップページ | 読書感想文 »

体育の日

 体育の日の今日は基本、お休み。しかし、午後から研修で昼前に家を出る予定。午前中に家内と下の娘の3人で「体育の日」にちなんだイベントの「エアロビ」に行こうかと計画していたが、家内の体調不良で頓挫。と、言うわけで午前中は落ち着いた時間を過ごすことに。午後からの研修の進め方のレシピを作ったり、ブログを書いたりと言ったマッタリとした時間となりました。この「マッタリ」した時間を過ごす為の音楽が決まらない。ジュン・コルトレーンのジャズを一旦掛けたが、取り止めてクラシックでショパン今掛けているが、これもしっくり来ない。日本語の歌詞の歌は考え事の邪魔になるし、かと言って英語の歌関連でいいのは余りないし。困った。まあ、何とかなるさ。

 今日の研修は「大局」からだんだんと絞り込んで、「戦略」まで持って来れたらいいと考えているのだが。まず、世界情勢。経済、戦争、科学・技術、エネルギー、環境といった大きなテーマ。それにしても現在の経済テーマは客観的に見て、面白い。明治維新の頃の世界の「躍動感」が再度行われている感じか。欧米諸国がアフリカ、アジアに植民地を作り、その植民地権利を争い、戦争を起こしていた。それが直接的な「植民地」政策ではなく「金融」という道具を変えて行っている。その金融が崩壊する歴史に立ち会っている。新聞で報道されている以上に、アメリカという覇権が揺らいで、基軸通貨の崩壊、それに変わる通貨が無い状態での混乱。必ずしも基軸通貨が必要なのかと言えば、どうなんであろう?基軸通貨があるという事が当たり前過ぎて、無くてもやって行けるのに「必要」だと感じているのかもしれない。現に石油の取引がどんどんUS$離れが起きている。ユーロでの支払い、円での支払OKという産油国が出てきている。欧州の通過であるユーロ、アジアの通貨は?円では無理、まして中国元でも無理。しばらく、色んな通貨が行きかうのがアジアであろうか?一本調子でアメリカ色を薄めていく事になるのか、それとも食料と強大な軍事力で揺り戻しがあるのか?

 

 ベトナムの通貨は「ドン」であるが、Hotelだとか飲み屋だとかではUS$での支払を歓迎される。やはり外貨と言えばUS$で、結構幅を利かせているのが現状。一説によるとアメリカは「貨幣一新」を行うとか。印刷物である紙幣を全て新しくして、一定期間の新札との交換を行い、新札との交換時期が終わればそれまでの紙幣は「紙くず」となる法律を実施して、かなりの量のUS$を消滅させる方針だとか。そうすると、ベトナムなんかは大変だろうな。国内にかなりのUS$が流れていて、その大半は死蔵になり紙切れになる。それをアメリカは狙うわけだから、当然と言えば当然の成り行きだが、死蔵させられる庶民は大変だ。まあ、人の事を心配するどころでは無いが。

 戦争経済という言葉もある。苦しくなったら戦争するという説。イランとアフガニスタンで既に戦争しており、かなりの戦費を浪費している。週間金曜日で連載している記事で「9.11はおかしい」と言う内容。言われれば確かに。「ビルの崩壊の仕方があり得ない崩壊の仕方である。」という事。ビルが崩れるのに内部から爆発が起こらない限りは横に破裂する現象は起こらない。まして、崩壊し出してから飛行機が突っ込んだ上部が下に行くまでにザクザクに崩壊しているという事。確かにおかしい。週間金曜日はおかしいと言うことまでで止めているが、それから先の疑問をメディアで提示するのは危険な事なのかもしれない。分からない事の多いアメリカである。分からないついでにロス疑惑の「三浦元社長」の逮捕とその自殺はもっと分からない。どうしてこの時期なのか?不思議だ。

 財テクと言う名の元に、○○ファンドと言うのがはやっていた。運用実績が15%だとか30%だとかで騒がれていたが、どんどん消えてなくなっている事実。どのぐらいの資産が消えたのか?良く考えれば、株の値上がりで、そんなの儲かるわけは無い。大きなファンドであるほど、身動きがし難い。ではアメリカ国債だとかではそんな運用実績は残せない。10%未満がいいところだ。やはり今から考えればリスクの高い「不動産」関連だとか「住宅関連」に投資していたのだ。ハイリスク、ハイリターン。これで老後の資金を運用していた人は大変だろう。お小遣い程度であればいいが、それに生活資金まで賭ければ、大変。世界中にそんな年金生活者、リタイヤ組がいるのでしょう。その人たちがどうなるか、それも大きな社会問題になるのでしょうね。

 暗い、暗すぎる。チョット暗すぎるので、止めましょう。

|

« パワーヨガ | トップページ | 読書感想文 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/42772017

この記事へのトラックバック一覧です: 体育の日:

« パワーヨガ | トップページ | 読書感想文 »