« 骨折4 | トップページ | 骨折6 »

骨折5

 今週は新幹線に乗り、東京から姫路の1つ先の相生まで出張。新幹線乗車時間4.5時間。退屈はしないけど、骨折した左足が何とも。動かさずに座っていると、鬱血してくる感じ。やっぱり筋肉が衰えて、ポンピング能力が下がっているのかな。相生でなぜか「岡山銘菓 きび団子」をお土産に買って帰宅。

 来週末は探検部OB会、何と20周年記念と言うこともあり熊本は芦北まで行く事となっています。左足完治は難しいが、何とかアテ板ギブスから開放されて、テーピングぐらいで行けないものかしら。どうせバーベキューと飲み会であることは間違い無いのだけれど、アクティブに動けたほうが楽しい。OB会参加も2年ぶり。

 その翌週はベトナム出張。9月末はUK出張を企画していたけど、チョッと先延ばし。何の仕事しているのやら。造って、売って、イノベーション=技術革新して。そのほか色々。体がもう1つ欲しい程、楽しい仕事。

 しかし、不景気。半導体関連がここまで動かないとどうしようもない。サムソン電子、東芝、エルピーダ、ハイニクスと各社赤字でその赤字幅抑制の為に、外に出て行くお金を削減。そうすると、装置関連が動かな。となると部品をやっている私などは仕事が半減以下。なんと昨年の70%ダウン。なかなか厳しい。

 本来は半導体依存ではなく、他の分野にも軸足を移すか、早い時期にインテル、アプライドマテリアルなどのUSAへの進出を考えるべきだったのだが、それもやれていないし、人材採用や人材投資、まして設備投資や技術開発もかなり抑制。これもやはり目先の利益優先経営の問題。結局、自分の足を食べて縮小する=縮小再生産。

 団塊の世代の罪。現在、松葉杖の私は電車で席を譲られるという、何ともやさしい気持にさせられる事がたまにある。しかし、団塊の世代ぐらいと思われるのオッサンからは、席を譲られる事は無く、さらにそのオッサンから「何やコイツは」と言う目を向けられ、それだけだと自意識過剰がなせるモノかと自己消化できるが、ジロット見た上で腕組んで大変不愉快な顔して目を閉じるのは、見られる私が悪いみたいで困惑。どうして団塊の世代のオッサンは不愉快な顔をしている人が多いのか。また、路上不正駐車なども団塊の世代の人(これはオバサンも多い)が多いのはどうしてだろう。実に困った世代だ。団塊の世代はどうしても好きになれないどころか嫌悪感を持つ。いい人もいるんだろうが、嫌な人が目立つのも、巨大な世代だからだろうか。

 

|

« 骨折4 | トップページ | 骨折6 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519197/42393595

この記事へのトラックバック一覧です: 骨折5:

« 骨折4 | トップページ | 骨折6 »